スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報処理技術者試験の「出題範囲」および「シラバス」改訂版の公開

情報処理技術者試験の出題範囲を大幅に見直し

入社1年目で、第二種情報処理技術者試験に運良く合格したのですが、プログラミング問題の言語にFORTRANを選択したことが非常に懐かしいです。。

新たな技術やデバイス・サービスが出てくると、システム構築・開発スタイルの主流が劇的に大きく変わりますね。
だとしても、コンピュータシステムの基本的な知識はほとんど変わってないので、そこも抑えておくことは必要だと思いますが。

時代の先頭に立つことは難しくても、時代に取り残されることなく、最低限必要とされ続けるように、自分がやってみたいと思うことはキチンと勉強していかなくてはいけませんね。
明日からは継続してやっていこう・・・多分。。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- SAO - 2012年06月04日 00:30:44

なるほど。今秋から変わってくるということですね。
にしても、「コールバック」なんて出てきたっけか。。。

- あんま覚えてへんわ - 2012年06月04日 12:32:44

SAOさん

「コールバック」、確かにほとんど見かけたことはない気がします。

春の基本情報処理技術者試験合格に続き、秋の応用情報処理技術者試験合格に向けて、
既に勉強に励んでいると思います。

そんなSAOさんであれば、出題範囲が変わったところで何ら問題はないと思いますが、
頑張ってください。

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
9557位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1826位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。