スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか

浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか (幻冬舎新書)浄土真宗はなぜ日本でいちばん多いのか (幻冬舎新書)
(2012/02/29)
島田 裕巳
商品詳細を見る

日本の仏教宗派成立の歴史が、コンパクトに纏められていました。

ただ、その歴史の結果、浄土真宗がなぜ日本で一番多いのかが、ちゃんと論じられていない気がします。

その当時の既存の仏教宗派が上流階級・特権階級のものであったのに対して、「南無阿弥陀仏」を唱えるだけで皆が極楽浄土に行けるという浄土真宗の分り易い教えが、庶民に受け入れられたから、ということは知っていたんですが・・・。

浄土真宗の信者としては、もっと深く掘り下げて欲しかった気がします。

歴史上、時代の変化とともに、その時代が求める新たな宗派が生まれてきていますが、現代において創価学会がなぜ信者を急増させたのか、その理由を知りたいと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5828位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1121位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。