スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンギンプルペイルパイルズ#16「ベルが鳴る前に」

下北の本多劇場へ行ってきました。

安倍礼司でお馴染みの小林高鹿さんが所属する劇団の公演で、今回は虚構の劇団の小野川晶さんも出演されるとのことで、観に行きました。
ベルが鳴る前に_120218


この劇団の芝居は以前に一度観たことがありますが、今回も前回同様シュールというか、結末が曖昧な感じでした。
ただ、途中まで繋がりのないと思われた事柄が、最終的に根が同じことだったことは分かり、話自体が意味不明というわけではありませんでした。
あと、舞台装置がかなりしっかりしているなーと感じました。

時代は、現代のような気もするけど、産業革命の頃のような雰囲気。
冒頭、2人の男がトラックに乗っている。
それぞれが何らかの目的を持っていて、一人がヤスキ町へ、もう一人がハンダ地区へ急いで向かう必要がある・・・。

ナントカ粒子(粒子の名前を忘れました…)というのは、原発事故による放射能のメタファーだったのでしょうか。
とすると、ハンダ地区はフクシマ、「選ばれし市民」のいるヤスキ町は東京、のメタファーでしょうかね。

何とも判断しかねるので、この劇団の公演をもう少し観続けてみるかなー。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4839位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
936位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。