スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三舞台 封印解除&解散公演 「深呼吸する惑星」

はまぁさんに「虚構の劇団」の渡辺さんを紹介してもらってから観劇し出した鴻上作品。

これまでの「虚構の劇団」において、外れのない内容で毎回クオリティの高い作品ばかりだったので、鴻上さんの出発点であり一世を風靡した「第三舞台」の解散公演を是非とも観たいと思っていました。

しかしながら、人気劇団が10年ぶりに復活して、これをもって解散ということなので、なかなかチケットが取れずに、観れないだろうなぁと半ば諦めていました。

ところが、追加の横浜公演の最後の最後のチケット申込みで、何とかチケットを取ることができました。

誰にお礼を言うべきか分かりませんが、ありがとうございます。


観客としては、やはり中高年層が多かったです。
ただ、割合的には女性が多くて、女性の年齢層は幅広かった気がします。
若い女性は、筧利夫ファンが多いんでしょうかね?


ご飯を食べてから行ったこと、劇場内の暖房が効き過ぎで暖かかったこと、話の全体的な設定や状況理解が追い付かないことなどが原因で、前半はウトウトしてました。。


地球連邦軍が支配する惑星アルテア65での話。

地球人のみが原因不明の幻覚(自らの振り返りたくない過去を見ることが多いもよう)に襲われて、それにより地球人に自殺を計る者が多発している。

その原因調査のために、地球から研究員がやってきた。

その研究員と惑星に住む一癖のある人々が小気味良く場面設定を切り替えながら、時折笑いを混ぜ込みながら、ドタバタと話が進んでいきました。
笑いの部分では、これまで第三舞台を観続けた人だからこそのツボもあるようでした。


地球人による支配に従順に従うアルテア人の姿は今の日本人を、幻覚の元であった「キリアス」というアルテア65の花を地球人が管理・活用しようと考える姿は、今の原発問題を投影しているような気がしました。


幻覚を見ずとも、僕も亡くなったおばあちゃん(両親が共働きでおばあちゃん子だったので)や過去のある時期に大変お世話になりつつ今では音信不通の人のことなどを稀にふっと思い出して、頭の中で会話したりします。

そういう過去に浸る行為って、後ろ向きであることも否定できないけど、これまでの良い思い出や悪い思い出の過去を生きてきたから、未来という不確定な世界に対して、希望を抱いて前向きに生きていけるのかもしれない。

自分の周りでは、結婚や出産・育児といったことがピークになっていて、自分がその流れに乗っていないことが日本人らしく不安でもあるんだけど、自分のこれまでの人生は間違っているわけでもないし、これからも自分なりに前向きに生きていきたらいいな、なんてことを思いました。


横浜中華街のご当地キティ。
パンダに丸飲みされてるように見えました。

横浜中華街のキティ



崎陽軒で買った月餅を帰省の土産として買って帰ったら、美味い!と評価をいただきました。
帰省前に横浜に来るようなことがあれば、また買って帰ろうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
992位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。