スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法然と親鸞 ゆかりの名宝

僕は一応仏教信者で、宗派は浄土真宗(東本願寺大谷派)という典型的な日本人です。

僕の宗派の開祖である親鸞さん、その師匠である法然さんの展示ということで、観に行こうと思っていたのですが、このギリギリのタイミングになってしまいました。

法然と親鸞 ゆかりの名宝_111203
法然さん
親鸞さん



法然・親鸞に関わる展示ということで、仏像がメインではなかったのが、個人的には少し残念でした。

ただ、彼らの半生や思想を多少なりとも知りえたのは良かったです。

超人的な逸話がないことは親近感がわいたし、政治は他人任せで財力や修行する精神力もなく、ただただ淡々と辛い現実を生き続ける(日本の)庶民に受け入れられた宗派の祖らしいなと思いました。

政治なんかに対して、文句は言うけど自ら考え行動を起こすことはせず、日常生活がソコソコ良ければいいや、なんていう庶民の気持ちは、今もこの時代もほとんど変わっていない気がしました。

ただ、どんなに物質的に豊かになったとしても、避けようがない『死』を今はほとんど感じられないので、念仏を唱えればどんな人間でも極楽浄土へ行けるということを精神的な支柱にするのは、かなり年老いてからになるのでしょうね。

そもそも、そういう精神的な支柱を持たないままの現代人って、『死』をどう受け入れるんだろうか、なんてことを思い耽っていました。

今のところ、僕自身も自らの『死』をリアルに感じていないから、本当の意味で毎日を大切に過ごせていないんだろうな。


ここ数日いきなり寒くなったので、国立博物館の庭園の紅葉を楽しんでみようかと思っていたのですが、雨の影響で入ることができませんでした。。

庭園入れず

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
9557位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1826位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。