スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつだって大変な時代



題名が琴線に触れたので、借りてみました。

日頃、僕が漠然と考えたり感じたりしていることを著者が的確に書いている気がしました。


不景気だなんだと言って明るい話題の無い日本ですが、今の日本は有史以来最も豊かで幸せだと思います。

何だかんだと飯は食えるし、お金を出しさえすれば、あらゆるモノやサービスを手に入れることができます。
そして、自分が担えることもできなくせに、政治なんかにも意見を持てます。

つまりは、色んなことを外部や他人に依存していて、それが当たり前のように過ごしていますが、そんな仕組みができたのは、ほんの少し前の話ですよね。

震災の時には、「個」としての自由を謳歌するための仕組みがあったことに感謝した人も多いのではないでしょうか。


僕は幕末や明治のいわゆる開化期の時代が好きですが、この時代に生きていた偉人も庶民も、『歴史』を生きていたわけではなく、その時代を『現在』として生きていたのです。

僕らは結果を知っているから、苦難を乗り越えて明るい時代へと突き進んでいるという気になりますが、その当時を『現在』として生きていた人にとっては、今では考えられないぐらいの苦労があったのは間違いありません。

ちょっと話がそれますが、大河ドラマで「坂の上の雲」が始まりましたね。

旅順要塞へ銃剣だけ持って突撃させられて、マシンガンなんかで山ほど殺される日本兵を見ていて、僕がわずか100年前に生まれていたら、こうなる可能性もあったんだって思ってしまって、(仮想的ですが)身も心も痛かったりします。


世の中全体が思考停止に陥って、自己中心的な主張がまかり通って、摩訶不思議な雰囲気や勢いで世の中が動いて行ってるよな、という話題で満載です。

世の中で流布される事柄で、「それは何かおかしくない?」と感じたり思考したりする方には、お奨めの良書です。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6638位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1263位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。