スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食える数学



ずっと僕も感じていて、誰かしらに話したことがあると思います。

高校の頃に学んだ微分・積分について。

普通に理屈は理解できたと思うけど、そもそも何でこんなことすんの???ってことが謎のままでした。

で、それが解決されるのは大学に入ってからで、物理(古典力学)で必要とされた数学だったんやー、と合点がいくわけです。

高校では、微積を数学として、力学を物理として、別々に学ぶわけだけど、純粋に数学が好き!っていう人以外は、一緒に教えてくれた方が絶対に理解が早まると思います。


世の中には数学なんて必要ないっていう人もいますが、様々な事柄を認識・解析・分析・評価するためには数値化は必要なわけで、しかも今の時代は演算処理をコンピュータがやってくれるわけですから、高校レベルの数学の概念は理解しておいた方が良いと思います。


これまでのコンピュータ・システムは、業務効率を第一として、データの入力・出力・参照のパフォーマンスに気を使って来ましたが、統計学等を駆使して、溜まった大量のデータ(ビッグデータ)から有益な情報を見つけ出すことが注目を浴びていますね。

今後もDB屋として食っていくと考えた場合、僕もそういう能力を身に付けたいとは思っているのですが、イマイチ勉強法が分かりません。。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
880位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。