スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式 in 姫路

結婚式並びに披露宴に出席するため、2か月ぶりに姫路へ帰省しました。

大学や会社関係の繋がりではなく、端的にいえば、僕は単なる近所にいる年上のお兄さんでしかありません。

にもかかわらず、3年前にはこの兄弟の兄貴の方から、そして今回は弟の方から乾杯の挨拶をお願いされたのです。。


式は人前式で恙無く終わりましたが、新郎が入場した瞬間、馬子にも衣装的な感じで、皆が失笑していたのが印象的でした。

姫路城を背景に誓いのキッス



披露宴が開始されるまで、そして披露宴が始まっても、乾杯の挨拶を終えるまでは、ド緊張し続けていました。

新郎の会社の上司からの祝辞、ケーキ入刀を終えて、とうとう乾杯の挨拶になりました。
以下の文章を手や声を震わせながら述べました。。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ただいまご紹介に預かりました、新郎の恩師こと○○でございます。

△△君とは、私が小学生の頃、△△君のお母様の塾でお世話になって以来の関係です。

すみません、緊張してしまいまして、、(と、頭が真っ白になったのでカンペを見る…)
△△君には、年上の私を自らの道標のように感じてもらえたこともあるかもしれませんが、
どちらかと言えば、反面教師の立場として役に立ってきたのかなと思います。

ちなみに、私は独身ですので、△△君と△△君のお兄さんである□□君には、今後
私の道標になっていただきたいと思います。

このような立場で甚だ僭越ではございますが、ご指名を頂戴いたしましたので、
乾杯の音頭をとらせていただきます。

それでは、新郎新婦の末長いお幸せと、ご両家並びにご臨席の皆様方のご多幸と
ご繁栄をお祈りいたしまして、ご唱和をお願いいたします、、、乾杯!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

赤い部分が、若干笑いを取れたかなと思った箇所です。
「新郎の恩師」というのは、披露宴の座席表に私の肩書として書かれていたので、拝借させてもらいました。

スマートに乾杯の挨拶をしたかったけど、あからさまに緊張感が伝わる感じで、個人的にはイマイチな出来だったと思います。

ただ、お世辞込みだと思いますが、皆さんからはとても良かったという感想をいただきました。
さりげなく笑いも取れていた、緊張している感じがフレッシュで好感が持てた、自らの言葉で伝えようとしている、等々。


披露宴も、新郎のシッカリとした挨拶で、恙無く終わりました。
僕にとっては当然ながらいつまでも年下の存在なのだけど、ちゃんと成長して大人になってるんだなぁとシミジミ思いました。

素敵な家庭を築いて、ホントに僕のこれからの人生の道標になって下さいね(笑)
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
992位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。