スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Database Control による監視

Oracle10gを利用しているのであれば、大抵のところでは問題検出やパフォーマンス・チューニング等でOEM(Oracle Enterprise Manager)を利用しているのではないでしょうか。

以前から、アラートが発生した場合にメール通知するように、OEMを設定したいと思っていましたが、イマイチ概念や言葉を理解できていなかったので、二の足を踏んでいました。
ただ、先日無事にGoldを取って色んな概念をキチンと理解できているはずだと考えて、試行錯誤しながら設定することにしました。


メールで通知する方法やルールを設定する場所は、何となく分かっていたので、ネット等で確認しながらササッと設定しました。

メール通知設定後、1通警告メールが届いたのですが、その後全くメールが届いてきませんでした。
なぜかと調べてみると、初期化パラメータ「JOB_QUEUE_PROCESSES」を1以上にする必要があったみたいです。
「JOB_QUEUE_PROCESSES」の値を変更すると、無事にメールが届くようになりました。

今は、頻繁にアラートが発生しているけど影響のないメトリックをメール通知の対象から外したり、メール通知対象としつつも、メトリックの閾値を変更するなどの微調整を行っています。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
9684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1819位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。