スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン -人々を惹きつける18の法則-



プレゼンが好きではない典型的な日本人として、興味があったので借りてみました。

世界一のプレゼンターことスティーブ・ジョブズを元に、いいプレゼンをするためのエッセンスが書かれていますが、個人的にはいい人生を送るための処方箋にも感じられました。


プレゼンというと、一般的に真面目に小難しいことを言わないといけない雰囲気もありますが、それでは聞き手は退屈してしまいます。

まず自分自身が主観的にイイと感じているアイデアなんかがあって、それに『共感』してもらうことがプレゼンであって、客観視なんてあまり意味のないことなんだと思います。
(客観的に分析したことを報告することもありますが、それはプレゼンではないですね)

日頃冗談を言うことが多い僕にとって、真面目な発言をしなきゃいけないというのは、相当なプレッシャーになります。

でも、プレゼンを『共感』してもらうことと考えれば、緊張感で張り詰めた空気を作るよりも、(節度のある範囲で)多少の冗談を織り交ぜながら和やかにやっていく方がいいと思うので、そう考えると若干気が楽になります。


箇条書きはダメだと書いてありましたが、プレゼンにおいて
・自分の中に夢や根源的な目的を持って、それに対して情熱を持つ。
・ポイントを3つに絞る(3点ルール)などして、ロードマップを最初に示す。
・内容を削ってシンプルにする。
・何度も何時間も練習する。
といったところが肝要のようです。

人生においても、何かを達成しようと極めようと思えば、自発的なモチベーションである事柄に集中しないといけないのと似ていると思いました。

仕事もプライベートも、アレコレ手を出し過ぎず、かといって何も成し遂げられなかった、ということにならないようにしなきゃいかんと心に誓いました。


ちなみに、プレゼンではアレもコレもと盛り込まず、洗練してシンプルにするようにと書いてありましたが、この本は400ページもあって、かなりのボリュームなのは致し方ないことなんだろうか、などと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
12992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2449位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。