スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人ビジネスマン「見せかけの勤勉」の正体



気になる題名だったので、借りてみました。


景気の悪い状態が続いていて、世間では成果報酬制度が広まっています。

『成果』を元に、給与なり昇進なりが決まるのであれば、効率&品質良く仕事を仕上げて、なるべく残業をしない人が評価されるはずです。
逆に、無駄に時間をかけたり、仕事のアウトプットとして求められるレベルや品質に達していない人は、評価されないはずです。

でも、無駄に長時間働いたり有給を取らないことが頑張っていると見なされて、後者を評価する職場が、残念ながら多いようです。
(後者の場合、残業代を稼げるから、会社にとっては無駄なコストになるわけだけど)

こんなんじゃ、日本でフェイスブックのようなものが生まれるわけもないよ。。


工場のベルトコンベアーで働いているのであれば、確かに働いた時間でアウトプットの量が変わります。
(質は、求められるものを大きく超える必要が無く、最低限満たされれば良い)
でも、ホワイトカラーの知的労働については、時間をかけたら良いものができるわけでもないので、自発的なモチベーションを持って仕事をし、継続的に自己啓発を行う必要があります。

なので、部下や後輩にも、自発的なモチベーションを持ってもらうようにマネジメント(管理というより支援・補助)する必要があるわけだけど、そもそも仕事に興味や好奇心の薄い人に、どうやったらモチベーションを持ってもらえるんだろうか、なんてことを悩んでいるわけです。。


日本人が、こういう見せかけの態度を取ったり、評価をしてしまうのは、「仕事」という狭い範囲に限った話じゃなくて、「人生」を自立的に生きている人が少ないからだと思います。

とりあえず、他人から言われて目の前のことをやる・やらされることに慣れていて、自分の一生を通してやっていきたい仕事は?、なんてことを考えずに、とりあえず安定を求めて就職してしまう。

就職氷河期の再来とか言われていますが、ちゃんと自分で思い悩める良い機会だと思える人は、自発的なモチベーションを持って仕事ができる人だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
12992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2449位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。