スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉が足りないとサルになる



あまりに言葉が足りていない、安直な言葉による怠惰な雰囲気で進んでいく暗澹たる現代社会について、絶望的な状況とそれでも何とかしたいと思うなら、一個人で変えられるところから変えていかないと、と思う内容でした。


我々は、大人になるにつれて様々な気持ちや感性が身に付いて、その結果それに適した言葉を身に付けていくと、無意識に思っています。

でも、実際には逆のプロセスになっていて、まず理解できなくても言葉を手に入れて、その後にそれに適した気持ちや感性ってコレのことなのか、と分かるようになるようです。

つまり、「マジやべぇ~」「超ビミョ~」といった言葉しか知らない人間は、その言葉に合ったレベルで留まり、幼児レベルの思考領域を脱することができないわけです。


世間一般の仕事で、現状を冷静に分析して、目標を設定し、その目標に到達するために行動して振り返る、などといったことをする際にも、言葉による正確な認識が必要になることからも納得できます。

スポーツの世界で言えば、ゴルフで石川遼くんが好成績を収めているのも、きちんと言葉で物事を把握して、それらを言葉で伝えられる能力がきちんと備わっていることが一因でしょう。

その一方、言葉が足りていない代表格がマスゴミで、選手へのインタビューで「お気持ちは?」や「どうでしたか?」と、意図や論理・評価を求めるのではなく、気持ちや非常に漠然とした丸投げの質問を多用しています。

マスコミが言葉を尽くさず、雰囲気を煽って太平洋戦争へと導いた過去は、今も変わらないわけです。


「坂の上の雲」を読んだ時に、「戦艦三笠」を観に行った時の感動…
コレも、自分の中で言葉を咀嚼してイメージを膨らませ、様々な思いを馳せた後に、自分なりの言葉として丁々発止話し合った結果に感じだものなんですよね。
何ら言葉(知識)を取り入れず、何の思い入れもない状態で、色んな話もしてなかったら、本当に無味乾燥なモノになってたんだよ。


言葉を取り入れて、拙いながらも言葉を発し伝えることを今後も大事にしていきたいと思います。
ま、そのためのブログでもあります。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
12992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2449位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。