スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱暴と待機

本谷作品の映画化ということで、観に行ってきました。

多分、映画よりも舞台のライブ感があった方が、イイ話なんじゃないでしょうか。


『永遠の愛は疑ってしまうけど、永遠の憎しみなら信じられる』

永遠の愛ってのは確かにあり得ないし、仮にあるのだとしても、相当努力が必要なのは間違いない。
でも、憎しみってのは復讐を達成しない限りは、対象者を想い続けるわけで、ある意味永遠の愛を実現していることでもあるんだなぁと。

個人差はあるかもしれんけど、ポジティブな感情を維持するのは難しいと思う。
ネガティブな感情を土台にして、そこから生きがいを見つけていくってことが、現実的な生き方だと思うし、それでも生きていけるってことをチャンと子供に教育すべきだと思う。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1033位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。