スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コカ・コーラに学ぶビッグウォレット戦略

本書にも書いてある通り、ザ・ゴールの全体最適化を実践した成功体験記です。

ザ・ゴールは会社内での話だったけど、原液を売るコカ・コーラ本体とそれを元に製造・販売するボトラーという特異なビジネスモデルで成り立っているコカ・コーラのグループ会社の全体最適化を目指したものとなっています。

コカ・コーラを瓶詰めしていた時代は、重量が重くて瓶を回収する必要があり、また物流がそれほど整備されていなかったため、各地域に工場を作った方が得だった。
だけど、時代が流れて、瓶詰めが缶やペットボトルになって回収が不要になり、様々な種類の飲料を製造しなくてはならなくなり、物流も発達していくにつれ、これまでの利点がコストを膨らませる要因となっている。

そういった現実を踏まえて、これらを改善するためには、これまでボトラー各社がバラバラにやっていた購買や工場の統廃合といったことをグループ全体の視点で最適化していった方が良いに決まっている。

ただ、グループ全体で正しい判断をして利益が増えたとしても、ボトラー各社やそこで働く人に利益がもたらされるかといえば、決してそうではない。
閉鎖された工場で働いた人は、それを受け入れたのだから利益配分されてもよい気がするが、その逆で製造を増やしたり効率化した工場で働いている人もいるわけで、その両方が納得する利益配分というのは、実際難しいと思う。

結果として大幅なコスト削減に成功するなどすればよいけど、そういうこともできなかった場合には、更に皆が不幸になる可能性だってある。

とはいえ、日本で商売する限りは様々な市場が縮小するのは避けられないわけで、ジリ貧になるよりは、一人でも多く飯が食えるようにしていくための施策が必要になると思うので、必ずしもWin-Winの関係になるわけでもないことでも、全体最適化で諸々を決断しなくちゃいけない時代になってるんだろうね。

資本主義的には本当に正しい判断だと思うけど、要は皆が一緒に幸せになれる時代じゃなくなってきてるんだな。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6638位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1263位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。