スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウドの衝撃

風邪を引いてしまって寝込んでいたら、久しぶりに悪夢というモノを見てしまいました。
日頃も夢を見てるのかもしれないけど、基本的に爆睡しているため、そんな記憶は全く無いのです。

そんな状況の中、携帯にメデタイお知らせとチョット残念なお知らせがやって来ました。
人生色々なわけで、将来のことを考えると不安になりますが、とりあえず頑張らないといけませぬな。


最近、IT業界を賑わしている「クラウド」。
このネタを扱った書籍が多いので、借りてみました。

チョット前に賑わってた「Web2.0」は、完全にどっかに行っちゃいましたね。
でも、Web2.0と違って、今度10年という単位で見ていくと、クラウドは確実に侵食してくるネタだと思います。


■クラウド・コンピューティングの3つの形態
・HaaS(一般的には、IaaSでは?)
 ハードウェアをインターネット経由で提供するサービス
・PaaS
 アプリケーションを稼働させるプラットフォームをインターネット上で提供するサービス
・SaaS
 アプリケーション・ソフトウェア機能をインターネット上で提供するサービス

SaaSは、ERP等の業務アプリも提供されてきています。
IaaSも、アマゾンやGoogleが提供しています。
PaaSで有名なのは、Googleのサイフォンでしょうか。

PaaSはアプリケーション開発環境がクラウド先に制限されるため、とりあえずはSaaS・IaaSが伸びてくる気がします。
汎用的な言語をサポートするようになれば、PaaSも伸びるでしょう。(囲い込みができなくなるので、PaaSとして旨みが無いけど)


▼クラウド・コンピューティングの利点
・何か試しにやろうと思った場合、HW/SWを購入しなくても良い。
・途中で不要になったら、サービスを停止することができる。
・運用のための人員・技術やソフトウェアライセンスが不要になる。
・(大企業を除いて)セキュリティや可用性を確保しやすくなる。

▼クラウド・コンピューティングの弱点
・どこにデータが保存されているのか不明である。
・サービスを停止しても、データが残る恐れがある。(別観点から見ると、セキュリティに不安)
・障害やパフォーマンス劣化が発生した場合、切り分けすることが難しい。
・インターネットに接続できなければ、利用できない。

まず、コンシューマー向けや複数拠点で利用するアプリケーションは、SaaS・IaaSへ移行していくと思う。(実際、そういう動きが出ているし)
量子を用いた情報通信ネットワーク(量子テレポーテーション)なんかが実用化されて、高速で安全なネットワークが構築されればば、よりクラウド化への流れは加速していくでしょう。


圧倒的なクライアントでのシェアがあるため、クラウドで出遅れているマイクロソフトですが、クラウド・コンピューティング用OSとして「Windows Azure」が近々販売されます。
クラウドというと新しい技術のイメージが先行していますが、マイクロソフトがクラウドで勝つためには、既存(古い)のVBやVBAツールが稼働することを保証するための環境として、売り込むべきではないでしょうか?
新しいものより、今のツールが動き続けて欲しいと願っているユーザが圧倒的だと思うのです。

マイクロソフトがちゃんとユーザの声に耳を傾けているのなら、きっとそういう戦略を取るはずだと考えます。


サーバ構築等の基盤系作業は、クラウドを提供している会社に集約されていくでしょうし、アプリケーション開発も同じ方向へ進んでいくと思います。
個人的なキャリアを考えると、やはり上流工程に目を向けてスキルアップしていくしかありませんかねぇ。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re:クラウドの衝撃(09/14) - 通りすがり - 2009年09月23日 00:32:34

結局、ISPのプロバイダと同様にトップシェアを勝ち取った会社が勝つのではなんて思いました。

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
880位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。