スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DBマガジン6月号

もう直ぐ11月号が出るというのに、半年前の6月号を読んでいるという体たらく

雑誌を読んでて、Oracleの以下の機能を初めて知りました。
自律型トランザクション
パイプライン表関数

ストアドを利用して、DML文(通常のデータ更新)&DDL文(テーブル作成等)のトランザクションを実行する場合、自律型トランザクションを利用することで、DDL文の暗黙コミットをデータ更新処理に影響を及ぼさないようにできるハズなので、今後利用機会があるかも。

ややこしいSQLなんかをビューで隠蔽している場合、そのビューをWHERE条件付きでSELECTしたとしても、ビューの中のSQL文を実行した後にWHERE条件が有効になるため、パフォーマンスがイマイチなんてことがある。
こういう場合、ビューではなくパイプライン表関数を利用して、WHERE条件をファンクションの引数で渡すことで、もしかすると良い感じのパフォーマンスで結果を得られるかもしれない。


今期から職場で購入してくれるようになったので、DBマガジンの定期購読を止めたけど、自分の知らない知識に触れる機会を提供してくれるんで、廃刊されることなく今後も充実した情報を掲載し続けてくれることを願ってます


「リーマン破綻」って言葉を見ると、普通のサラリーマンが自己破産したみたいに感じてしまうのは、オレだけかなぁ
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5749位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1128位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。