スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院

若者の非正規雇用が増えているのと同じ現象が大学院でも起きている。
愚痴っている気もするが、そういう気持ちも分からないでもない。

でも、「じゃぁさ、お前の人生を今後どうやって切り開いていくわけ?」と純粋に思うわけです。
社会で言われている程、博士は頭が固くないというのであれば、こういう現状を嘆いたり怒ったりしても、どうにもならないことは分かっているのではないでしょうか?

いや、もしかしたら俺とは違って、どうにもならないとは思わずに、日本の教育・学術研究界を自分の理想に持っていきつつ、かつ自分自身が博士の名に恥じない論文等をたくさん生み出す自信と戦略をお持ちなのでしょう。
であれば、こんな本を書いてる場合じゃないですよ!!!即実行して下さい。

実社会での仕事経験がほとんど無く、ずっと学校という鎖国世界で生きているから、外の世界にある仕事に意外と魅力があって楽しいってことを知らないんじゃないですかね?
鎖国による安住を求めてる印象を受けてしまうのですが、細分化された狭い学術領域で食っていこうとすることが、いかに人生の進路を狭く硬直的で、他の生き方を斬り捨ててリスクを大きくしているか、考えるべきだと思います。
もちろん、最先端の研究ができる立場であれば、そのリスクに見合うリターンはあると思いますが。

博士になった人間がフリーターで燻るんじゃなくて、そこから這い上がれば、社会の博士に対する見方も変わると思うので、ぜひとも成り上がって欲しいと思います。
もしくは、日本で博士号を取得した人が、海外の大学教授になるっていうことが増えれば、日本で博士号を取得しようという優秀な外国人が増えるかもしれません。
そういう好循環を生み出す人材になってから、「博士」云々を語っても遅くはない気がします。


ここ約1年間、僕としてはかなりの書物を読んできました。
その中には、自己啓発的な本もありましたが、要はそんな本を読んでるくらいなら、何かしら目標を立てて、それを達成するために時間を費やすべきだと、当たり前ですが思い至りました。
なので、図書館で借りて読む本を減らして、今後通勤・帰宅時の電車等では、資格取得のための本を読むようにしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
7833位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1508位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。