スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

播磨灘物語

新装版 播磨灘物語(4) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(4) (講談社文庫)
(2004/01/16)
司馬 遼太郎
商品詳細を見る


毛利側と講和を結んだ直後にやってきた「本能寺の変」の知らせ。
本能寺の変が、この絶妙なタイミングで起きたというのは、天下統一の運が秀吉にあったということでしょうね。

中国の毛利氏との講和、中国大返し、小田原の北条氏の無血開城、この辺りが官兵衛の軍師としての絶頂期でしょう。

播磨灘物語としては、秀吉が光秀を討って、信長の事実上の後継者となった辺りで話が終わり、その後の半生はサッと書かれています。
戦の時代が終わり、官兵衛のような軍師の価値が相対的に下がってしまったからなのかもしれませんが、この後の話は大河ドラマで是非とも詳しく描いて欲しいところです。

特に、現代の価値観や他国のイチャモンに惑われず、史実に基づいて朝鮮出兵を描いて欲しいと思います。

関ヶ原の戦いが長引くと考え、人生最後の賭けに出て、一気呵成に島津領を除いた九州を制圧したけど、実際に関ヶ原の戦いが長引いていれば、毛利・長宗我部と結託して、第三勢力として西日本の勢力が天下統一を成し遂げていたのかも、などと妄想するのは楽しいですね。
官兵衛がキリシタンだったから、徳川の世の中よりは、海外との交易はもっと盛んに行われたと思うのです。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
9557位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1826位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。