スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

播磨灘物語

新装版 播磨灘物語(4) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(4) (講談社文庫)
(2004/01/16)
司馬 遼太郎
商品詳細を見る


毛利側と講和を結んだ直後にやってきた「本能寺の変」の知らせ。
本能寺の変が、この絶妙なタイミングで起きたというのは、天下統一の運が秀吉にあったということでしょうね。

中国の毛利氏との講和、中国大返し、小田原の北条氏の無血開城、この辺りが官兵衛の軍師としての絶頂期でしょう。

播磨灘物語としては、秀吉が光秀を討って、信長の事実上の後継者となった辺りで話が終わり、その後の半生はサッと書かれています。
戦の時代が終わり、官兵衛のような軍師の価値が相対的に下がってしまったからなのかもしれませんが、この後の話は大河ドラマで是非とも詳しく描いて欲しいところです。

特に、現代の価値観や他国のイチャモンに惑われず、史実に基づいて朝鮮出兵を描いて欲しいと思います。

関ヶ原の戦いが長引くと考え、人生最後の賭けに出て、一気呵成に島津領を除いた九州を制圧したけど、実際に関ヶ原の戦いが長引いていれば、毛利・長宗我部と結託して、第三勢力として西日本の勢力が天下統一を成し遂げていたのかも、などと妄想するのは楽しいですね。
官兵衛がキリシタンだったから、徳川の世の中よりは、海外との交易はもっと盛んに行われたと思うのです。
スポンサーサイト

人生初の、バリウム→胃カメラ→薬疹

年に一度の定期検診が、去年11月にありました。

確か35歳以上の奇数年齢の希望者を対象に、バリウム検査が実施することになり、人生初のバリウム検査を経験しました。

バリウムそのものもは思っていたよりも飲める感じで、どちらかと言えば、台の上で忙しなく動かされることの方が面倒だった気がします。
バリウムに関すると都市伝説なども事前に知り得ていたので、検査後に早々に下剤を飲んで、早々にバリウムを排泄したので、大変な目に遭うことはありませんでした。

その後検査から1か月弱ほど経ち、胃部の要精密検査という検査結果を貰ったので、12月中旬に大きめな病院で、これまた人生初の胃カメラを経験しました。
鎮静剤を希望したおかげか、意識が朦朧としていて、胃カメラを出し入れされてるなぁという感覚はあるものの、抵抗することもなく、想像以上に楽に終わりました。

胃カメラ検査の結果、幸いにも胃部に大した問題はありませんでしたが、ピロリ菌を保菌しているとのことで、それとなく除菌することを医者に奨められました。
まぁ除菌しなくてもいいんだけど、折角だからということで、ピロリ菌の除菌薬を1週間処方してもらい、それを飲んでみました。

除菌薬を1日服用したところ、腕と下半身が内出血のようなグロい感じで真っ赤になりました。
いわゆる、薬疹って奴ですかね。

1週間分貰った除菌薬の服用を1日で中止し、薬疹対応の薬を新たに処方してもらって、それを飲む羽目になってしまいました。。

ということで、今は薬疹も治まりました。
ショボい人生を送っているけど、それなりに長いこと生きてると、色々と経験するものなんだと感じた2か月間でした。。

播磨灘物語 1~3

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)
(2004/01/16)
司馬 遼太郎
商品詳細を見る

新装版 播磨灘物語(2) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(2) (講談社文庫)
(2004/01/16)
司馬 遼太郎
商品詳細を見る

新装版 播磨灘物語(3) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(3) (講談社文庫)
(2004/01/16)
司馬 遼太郎
商品詳細を見る


あけましておめでとうございます。

ブログを書く気力が無い疲れ切った日々を送っていますが、この糞みたいな人生を今年はもう少し書き残したいなと思っています。
ただ、誰も気にもしていない糞ブログだし、自己満足を得るだけの行為なので、どうなるかは分かりませんが。。

大河ドラマで姫路出身の黒田官兵衛が取り上げられるということで、先月から播磨灘物語を読み始めました。

年内(大河ドラマ開始前)に全て読もうと何となく思っていたのですが、4巻のうち3巻までしか読めませんでした。。
帰省中の暇な時間に4巻目を読み終えることを目論んでいたのですが、餅つきやら甥っ子の面倒やらをしていたもので・・・。

ざっくり言えば、3/4を読み終えたわけだけど、ほぼほぼ播磨・摂津(兵庫県)での出来事でした。
黒田官兵衛自身の人生を考えると、7割ぐらいが主に播磨での所業ということで問題ないかもしれないけど、全国規模で動き始める今後の方が戦国時代の面白さを描けるだろうから、大河ドラマだと4巻に相当する部分がより長く描かれるのかなぁ。

あと、これまでの話の中だと、荒木村重による1年超の牢獄生活がメインイベント(この後の黒田官兵衛の生き方・考え方に影響を与えていると思うので)だと思うのですが、この部分は牢獄に居るだけだから、そこまで長い尺で描かれることはないかな。

などと思いながら、大河ドラマの第1回目を見てみましたが、今後も頑張って見るつもりです。

大阪以西の位置関係に疎い東の方々に自己紹介する際、「僕の出身は兵庫県の姫路です。姫路城で有名な。まぁ姫路城しかないんですけれども」と言ったりするわけですが、姫路出身の黒田官兵衛が姫路の新たな観光資源になるといいですね。
ただ、姫路城が修理中で天守閣に登れないっていうのは、タイミング悪すぎるよなぁ~。。。

黒田家ゆかりの広峯神社にて
20140102133350.jpg

20140102141204.jpg

20140102141623.jpg

20140102141844.jpg

姫路城そばの公園にできていた大河ドラマ館
20140103140507.jpg

修理中の姫路城
20140103140921.jpg

みゆき通りにできていた店
20140103141851.jpg

姫路駅構内にあったポスター
20140103143918.jpg

お土産~
20140104195324.jpg
プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4839位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
936位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。