スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷

濱田家 渋谷ヒカリエ ShinQs店

フルートのレッスンまで時間があったので、ヒカリエのフード・フロア(地下2階)をぶらついてみました。

女性をターゲットにしているビルだし、しかもスイーツがメインのフロアだけあって、男性は数少なかったですが、そんなことはお構いなしに、500円以内で小腹を満たせるものを物色してました。

で、結局買ったのはコレ。
豆乳まめぱん&こしあんバター。

濱田家_130130

時間が空いたら、今後も500円以内で満喫できる食べ物を物色するとしましょう。
スポンサーサイト

二子玉川

ピエール・エルメ・パリ 二子玉川東急フードショー

桜井さんみたいな髪にして欲しいと、ぐっさんに写真を見せてヘアカットした後、ふらっと二子玉川に行ってきました。

基本的に、お店の写真撮影はNGなのでしょうが、店員さんにチョットした貸しみたいなのができたためなのか、店員が写らなければOKと言われたので、一枚撮らせてもらいました。

ピエール・エルメ・パリ_130127

チョコ系やコーヒー系のビターな感じのマカロンは、美味いと思います。
でも、レモン味の酸っぱい感じのマカロンは苦手です。
あと、中のクリームがキャラメルっぽいねっとりした奴も苦手です。

要は、マカロンよりは普通のケーキのほうが、やっぱ俺は好きだなということです(笑)

マカロン_130127

大岡山

餃子の王将 大岡山店

王将の餃子_130125

備忘録です。
餃子の日は、第2・第4金曜日。

1人前(6個)181円というのは、激安だと思います。
王将って、店舗ごとに味が違ったりしますが、ここの餃子は最高の状態だと程良くモッチリとしていて、メチャ美味いです。
純粋に餃子だけ食べていたら、2人で30人前も食べることができたんだな(笑)

餃子の日_130125

なぜ、日本企業は「グローバル化」でつまずくのか

なぜ、日本企業は「グローバル化」でつまずくのか―世界の先進企業に学ぶリーダー育成法なぜ、日本企業は「グローバル化」でつまずくのか―世界の先進企業に学ぶリーダー育成法
(2012/04/03)
ドミニク・テュルパン、高津 尚志 他
商品詳細を見る

概ね、既にある程度理解していたというか、世間一般にも認識されているであろう内容です。

僕が勤めている会社は、大規模でもなく、グローバルに部門・部署が点在している会社でもありません。
そのため、大企業の中枢を担うゼネラリストを育成するための施策はあまり参考にはならないと思います。

ただ、グローバルに活躍するゼネラリストを目指さなくとも、今の時代に管理者的な立場になった場合は、変化の激しい現場の感覚を失わないように、プレーイング・マネージャーでいる必要はあると思います。
自分が過去に経験したことや過去の成功に基づいて意思決定している結果が、今の日本の大企業の凋落に繋がっていると思うので。。

と言いつつ、海外とのビジネスは今後増えていくと思います。
日本という快適な社会で生まれ育った身とすれば、海外と対峙することに自信はありませんが、好奇心と危機感を両手にやってみたら、意外と何とかなる気もします。
「グローバル・マインドセット」のある人材を!と言っていますが、明治時代のリーダー(下級武士の出)は、日本の未来を憂いつつも前向きに行動していましたよね。
彼らは、海外と渡り合って必要な知識を吸収し、日本の近代化の発展に寄与したわけですから、幕末・明治初期の頃の教育を見直してみればいいんじゃないかと思います。
グローバルと言っても、日本の中にも閉塞感を打ち破る策があるような気がします。

ちなみに、日本の企業には、ダイバーシティ(多様性)が必要なのは間違いないですね。
オヤジたちが快適に働ける画一的な職場で、今の世の中の変化に対応できるはずもないし、新たなイノベーションなんて起こるはずがないですもん。

ハッピーエンドにつづく、右脳と左脳

EPOCH MANという、「虚構の劇団」の小沢さんが始めたプロジェクトによる芝居を観に、京王線の八幡山駅そばにある「八幡山ワーサルシアター」に行ってきました。

ハッピーエンドにつづく、右脳と左脳_130119

短編2本が上演されましたが、1本目は確か自主企画公演で観た芝居の再演でした。
1本目も2本目も、基本的に女性の心の暗部を曝け出す作風でしたね。
中性的な役柄を演じることが多い、小沢さんならではといったところでしょうか。

虚構の劇団つながりで、小野川さんが出演されていたので、終演後におみや(マカロン)をお渡して写真を撮っていただきました。
ちなみに、小野川さんとともに1本目に出演していた藤松祥子さん(19)、何と表現すればよいのか難しいのですが、絶妙な可愛さをお持ちの方でした。

小野川さんと_130119

芝居の後、くるみ屋というお店に行ってみたのですが、オリジナル餃子がとても美味しかったです。
あと、大人な落ち着いた雰囲気を醸し出すステキな女性店員もいらっしゃいましたよ。
なかなか、イイお店だと思います。

くるみ屋_130119

自宅から八幡山方面へは、北へ移動できる手段(路線)があれば、そんな遠くないはずなんですが、最短距離&最低料金で移動しようとしても、わざわざ一旦渋谷へ出ないといけないんですよね。。
行きはそのルートで向かったのですが、帰りは下高井戸で降りて、世田谷線を端から端まで乗ってノンビリと帰ってみました。
やっぱ、路面電車チックにゆるりと走る電車って、何かイイですよね。

世田谷線_130119

有楽町

JSレネップ

ドイツビール&料理を欲した時に、ちょくちょく行っているバーデンバーデンの隣にある、こちらもドイツ料理屋です。

ずっと気にはなっていて、一度は行ってみようと思っていたので、WL新年会で行ってみることにしました。

新年&金曜日だからでしょうか、かなりの混み具合でした。
あと、そういう状況だからでしょうか、コース料理の注文が必須でした。

JSレネップ_130118

料理も、総合的な評価も、個人的にはバーデンバーデンの方がいいなと感じました。
なので、美味しいビールと料理を欲したら、今後もバーデンバーデンに行くかな。

出張中だったヌマーさんが、東京に戻って即参加いただいたものの、ほんの少ししか居られなかったので、空さん御用達?のバーへ移動しました。
なかなか行く機会のない所で若干緊張しましたが、ゆったりと皆さんの話が聴くことができたと思います。

ブーケブーケ_130118

一年後(半年後、という要望もありましたが)、また集まってお互いの一年間を楽しく話し合えるように日々を過ごしていきたいと思います。

FBとLINE

FBに登録したものの、自分自身の中でこのサービスをどのような形で使うべきなのかが全く見当たらず、1年半ほど放置してました。

その間に、少ないながらも「友だち」が増えていきましたが、一部を除いて日頃全く出会うこともない人が殆どだったりします。

こういうコミュニティの中で発信する最適な事柄は、他人への感謝ではないかと思い至り、そのような話題があれば、年末辺りから書き込むようになりました。
なので、自分の書き込みを見る人達のことを慮って書いている感じでしょうか。

ブログでは、自分が言いたいことを書くようにしているので、FBに載せるようにはしていません。

あと、何人かに尋ねられたので、LINEをスマホに入れました。
ちょこまかと身近なメッセージを送り合う仲であれば、確かに便利なツールです。

当然のことながら、LINEでアドレス帳や自分の電話番号・IDは公開していません。
あ、FBでも公開範囲を最小限にしていたりします、当然ですね。
LINEの安全設定

初の利益確定

資産運用というほどの大袈裟なものではないかもしれませんが、
①証券口座(MMF投信を購入)
②投信口座(とある投信会社が提供している2つのファンドを購入)
に、自動で毎月積み立てています。

ちなみに、個人で株を直接買うことは、長い間やっていません。
値上がり・値下がりが気になりますし、投資信託の方が自分で運用先を決めていない分、まだ気楽に放置できますからね。

①の利点は、
・普通預金より多少利率が良い
・元本が目減りする可能性が低い
・解約したいと思えば、比較的素早くできる
辺りで、自動積み立ての半分以上は、こちらの投信を購入しています。
ある程度の金額が溜まった際、利率が良くて仕組みがややこしくない債権(社債・公債)が出たら、この資金を流用して購入したり、キャンペーンで金利が高めに設定された定期預金に預けたりしています。

②は、①とは全く逆の性質を持っている分、超低金利の世の中で、それなりの利益を得られる可能性があります。
しかしながら、何年も積み立て続けてきた間、含み益がついたとしても少しの金額だったり、逆に含み損となる期間も結構長い間ありました。
リーマンショック時に大幅な含み損を抱えた際は、投信を止めようかと思いましたが、そこを我慢して今に至ります。

そんな中、いわゆるアベノミクス効果による円安・株高のおかげか、この2ヵ月で②の含み益が大幅に増えました。
僕の中では、
・積み立て総額の元本が、それなりの金額(最低100万円)になっている
・含み益/積み立て総額の元本が、20%以上である
という条件になれば、利益確定のために一旦全て解約することを考えていたのですが、初めてその時を迎えたので、初めて投信を解約しました。

まだ値上がりが続いているようですが、売り惜しみして解約タイミングを逃すことも考えられますからね。
ま、多少の儲けが確定したんだから、良しとしましょう。

あべフェス

あべフェスに参加するため、横浜の日産グローバル本社ギャラリーに行ってきました。

10時前に着くと結構な行列ができていましたが、午前中の公開録音に参加する人達が殆どだったみたいで、ギャラリーステージで催しが無い午前中は、かなり空いていました。

そのため、『パンダ様のお告げ』や『大人の階段』といったエリアは、午前中にアッサリと回ってしまったのですが、午後の時間が空いてしまった時にも再度回りました。

僕の中で、このフェス最大のイベントである、午後の公開録音。
当選者のみ600人がホールエリアに入れられて、収録を生で目の当たりにできるのですが、これがメチャクチャ楽しくてテンションが上がるんですよねー。
朗らかに笑わせてくれたり、ちょっぴり切なくさせてくれたり、出演者の方々の表現力には、ただただ脱帽です。

ホール入場時に貰った台本の話を最初に一本やり、もう一本台本に書かれていない話を続けてやってくれました。
そして、最後には平原綾香が「Jupiter」を熱唱していました。
声量がハンパなかったですよ。

終始ほんわかとした優しい雰囲気に包まれた時間が過ぎて、最後のフィナーレで「The Average Man Keeps Walking」を出演者・観客で歌っている時、カリヤー役の杉崎さんがステージから客席に降りてきて、その際にハイタッチ&軽く体当たりすることができました。
何だかチョット嬉しかったです(笑)

ちなみに、声と実物を見てみたところでは、倉橋優(優ちゃん)と南総サトミ(サトミちゃん)が個人的に好きです。
一般的に男性から人気があるのは、姫川皐月(ヒメ)だと思いますが。

「あ、安部礼司」の制作に関わる人達の熱い思い、番組から元気をもらって支持するリスナーの存在、そして日産が儲かっている限り、この番組はまだまだ続いてくれることでしょう。
僕は車を買うことが無いのですが、車の購入を検討される方は、是非とも日産車をご購入くださいませ(笑)

矢田三郎プロデュース『パンダ様のお告げ』
パンダ面会室_130113

パンダ様からいただいたお告げ
パンダ様からのお告げ_130113

僕も『大人の階段』昇りました
大人の階段_130113

大人の階段にある扉の先
大人の階段にある扉の先_130113

大人様ランチ700円・・・高い!!
大人様ランチ_130113

メイン会場のギャラリーステージ
ギャラリーステージ_130113

あべフェスでの戦利品
あべフェス戦利品_130113

肉からの土産、ありがとう!
肉からの土産_130113

そういえば、ご当地ドライブNAVIのiPhone版アプリが出たみたいです。
「ご当地ナビ」というネタは随分と聞いていなかったですが、一応裏で活動していたんですね。
ダウンロードして、ちょこっと弄ってみようと思います。

プロの資料作成力

プロの資料作成力プロの資料作成力
(2012/05/25)
清水 久三子
商品詳細を見る

資料作成に限った話ではないと思いますが、他人視点に立ってやりましょう、とのことです。

ごくごく当たり前のことが書かれているような気がして、途中からは斜め読みしました。。

こういう本を読んで役立つ方も居るかもしれませんが、基本的には自ら試行錯誤していくことが大切なんじゃないかと思います。

年末年始

毎年の通り、年末年始は姫路に帰省していました。

無為に過ごすことが多いので、ふらりと少し一人で遠出しようかなと思っていたのですが、
・外だけではなく、家の中もメチャクチャ寒くて動けない。
・一人で移動するための交通機関が、1時間に1本程度のバスしかない。
・親と会うのもあと何回になるのか分からんし、親に付き合ってあげよう。
という状況・心境に至り、基本は家でノンビリしつつ、親に連れ添って車でアチコチ行ったり、数少ない優しい友人に会う、という日々を過ごしていました。

安志加茂神社
安志加茂神社_130102

書写山円教寺
書写山円教寺_130103

書写山から見た姫路
書写山から見た姫路_130103

姫路城
姫路城_130103

ゼクシィ
ゼクシィ_130102

初めてゼクシィを目の当たりにしましたが、こんなに重い物なんですねー。
ま、僕には全く必要のない代物なのですが、これが家庭を持つことの重みってことでしょう(笑)

ずっと寒いところに居たからなのか、帰省中ガッツリと飯を食っていたにもかかわらず、体重が減っていました。
ということで、上京してからは、やたらとスイーツを食べてしまいました。
節制&節約が必要です。。

人生初のマカロン
マカロン_130104

イチゴとバナナとマロンのケーキ
イチゴとバナナとマロンのケーキ_130106

結果的には、いつも通りに年末年始を無為に過ごした感がありますが、色んなことを考えたり見直したりする機会にもなりました。

即戦力のOracle管理術

即戦力のOracle管理術 ~仕組みからわかる効率的管理のノウハウ即戦力のOracle管理術 ~仕組みからわかる効率的管理のノウハウ
(2012/06/05)
内村 友亮、近藤 聖 他
商品詳細を見る

何か月か前に購入して、ちょこまかと読んできました。
読んでいる途中に、図書館の貸出等があると中断していましたし、ページ数も結構あるので、読み終えるのに時間がかかってしまいました。

読もうと思っている他の本があっても、コチラを優先して読めばよかったのですが、この本を読み始めた頃は、僕のメイン技術要素であるOracleを使った開発も今年(2012年)までだろうと思っていたし、11gを触ることもないだろうと思っていたこともあって、優先度が下がっていました。

しかしながら、紆余曲折を経て、11gを使った初の開発&Oracleを使った最後の開発を今後行うことになりそうです。

僕が扱っているシステムであれば、11g新機能を使うこともほとんどないので、今の知識と経験でほぼ対応できると思いますが、チョットした参考情報として、この本がほんの少しだけ活用できそうです。
プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
7806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1488位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。