スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下を育てる「ものの言い方」

部下を育てる「ものの言い方」 ―人を変える組織を変えるリーダー必須の条件部下を育てる「ものの言い方」 ―人を変える組織を変えるリーダー必須の条件
(2011/09/26)
井上 健一郎

商品詳細を見る


部下が受け入れてくれる言い方をするというのは、上司としては大切なことであることは、間違いありません。

ただね、部下も経験を重ねれば、いずれは先輩や上司になるわけで、部下なりに上司や他の人達の視点にも立って考えて行動するように育てていく必要があると思うのです。

これからは「自分で考える」人材を育てないといけないと書かれていましたが、それは「育てる」とともに「自ら育つ」という意識を部下が持ってくれないと難しいと思います。
そういうことは日頃の上司側の言動で見せていけ!、ってことなんかもしれんけど、周りの人にとても恵まれた環境にいる人間は、何も考えられない・考えようとしない、いわゆる「ゆとり」な人になる確率も高くなると思うんですよねー。

ま、部下それぞれの個性に合わせて、あまりキツイ言い方をせずに(そうしないといけない場合は別として)、存在を認めて期待を込めつつ、キチンと面と向かって対応していくしかないですね。
その結果、どんな部下でもうまくいく保証なんてないけど・・・。
スポンサーサイト

雪と人身事故

今日は、4年に1度の閏日で、4年に1度のにんにくの日らしいです。

ま、そんなことは置いておいて、東京は予想以上に雪が降りました。
せいぜい深夜にササッと降って、朝には止んでいるだろうと思ったら、朝に一番雪が降っていたという。。

雪_120229


ただ、雪で電車がほとんど遅れることはなく、スムーズに出勤できそうやなぁと思っていると、東急大井町線の電車内で、京浜東北線が人身事故でストップしているとの放送が・・・。

雪も降っているし運転再開に時間がかかるだろうと踏んで、大井町から京急線の青物横丁まで徒歩で向かいました。
雪が降る中、15~20分ぐらいかかったでしょうか、寒さに堪えて滑らないように気を付けながら歩いていきました。
途中、歩道橋に上ったのですが、歩道橋上の路面がかなり滑る素材になっていて、スニーカーにもかかわらず、少し滑りそうになりました。
こんなに危険な素材にする理由ってなんなんでしょうね。。

そういえば、電車に乗る際、今はほとんどの人がSuicaやPASMOじゃないですか。
以前の磁気式の定期券や切符だと、券を差し込んだ後に前に進んで受け取る必要がありますよね。
でも、ICカードになってからは、体とともに手を前に持って行かずに、ピッとかざした手を残す人が、ちょくちょく居るんですよね。
そういう人の後に続いて改札を出ようとすると、こちらがカードをかざすタイミングを逸したり、その人の2度押しなどが原因で、改札を出られないことが稀にあるので、体と並行する形で手を前に持って行って欲しいと思わずにはいられない僕は、心の狭い人間かもしれません。

PL/SQLのボトルネック検出方法

備忘録として残しておきます。

Oracleのストアド・プロシージャを利用している処理で、突如20分→4時間と約10倍ほど時間がかかるようになりました。
ザックリとした処理内容は以下の通りです。

1. 名称・読みを格納したテーブルからレコードを取得する。

2. 形態素解析処理を行うWebサービスに、名称・読みを投げる。

3. Webサービスから返って来た形態素解析結果をテーブルへ登録する。
※Webサービスとのやり取りには、UTL_HTTPパッケージを利用


ストアド・プロシージャや呼び出し元のアプリは改修しておらず、DB側もなんら設定を変えていません。
念のため、Enterprise ManagerやSQLトレースで確認しても、DB側で何かしら処理が重くなったり、遅延を発生させるような待機イベントが発生している様子は見られませんでした。

どうしたものかなぁーと思っていたところ、「DBMS_PROFILER」というものを発見したので、試しに利用してみました。

1. DBMS_PROFILERパッケージのインストール

% sqlplus / as sysdba
SQL> @$ORACLE_HOME/rdbms/admin/profload.sql  


2. ストアドを実行するスキーマに、プロファイラが使用するテーブルを作成

% sqlplus SYSTEM/******
SQL> @$ORACLE_HOME/rdbms/admin/proftab.sql


3.ストアドの実行

declare
    err number;
begin
    err := DBMS_PROFILER.START_PROFILER;
    <ストアドの実行>
    err := DBMS_PROFILER.STOP_PROFILER;
end;
/


4.プロファイル対象RUNIDの取得

SELECT RUNID, to_char(RUN_DATE,'yyyy/mm/dd hh24:mi:ss') FROM PLSQL_PROFILER_RUNS ORDER BY RUNID DESC;


DBMS_PROFILERで作成されたテーブルに、以下の結果が格納されます。
・PLSQL_PROFILER_RUNS.RUN_TOTAL_TIME:総実行時間(ナノ秒)
・PLSQL_PROFILER_DATA.TOTAL_TIME:各行の実行時間(ナノ秒)

RUNIDで絞り込んで、上記の値を確認してみると・・・
・総実行時間:333秒
・各行の実行時間の合計:3秒
という結果になりました。。。

色々と調査しましたが、なかなか原因に辿り着くことができず、もうWebサービス間でのネットワークしか原因としてあり得ないと思い、Webサービスに要求を出す際のホスト名からドメイン部分を試しに削ったところ、
・総実行時間:10秒
・各行の実行時間の合計:3秒
という結果になりました。

名前解決に手間取ってしまうネットワーク環境になっていたようです。。
なんだかなーって感じでした。。

銀座

銀座あけぼの 銀座本店

今日も寒かったですが、もうすぐ3月ですね。
和菓子って季節を感じるもので、フラッと歩いていると、目に付いたので買ってみました。

銀座あけぼの_120226


左から、いちご大福、さくらもち、白玉豆大福。
どれも美味しゅうございました。餡子サイコー!

イチゴの甘酸っぱさが餡子の甘さをいい感じにサッパリとさせてくれるので、最後に食す大福としては最適でした。

今日は、東京マラソンでしたね。
ランナーや関係者の皆さん、お疲れ様でした。

東京マラソン_120226

PRESS ~プレス~

渋谷のBunkamuraシアターコクーンに行ってきました。
1年もしくは数年に1度のペースで行われている、明石家さんま主演の芝居を観ました。



いやぁ~、今回もめっちゃ楽しませてもらいました。

高度経済成長期の大阪にある三流スポーツ新聞社が舞台ということで、愚民化政策の片棒を担ぐマスコミを皮肉る語りで始まりましたが、そういうことが琴線に触れる人も全く触れない人も、各自の価値観で気軽に笑える内容でした。
一応、人情話も含まれたりしていましたしね。

芝居というのはフィクションなわけですが、元々の演技の上にアドリブやふとした間違い、それらに対する突っ込みが適宜発生して、何処までが元々の演技で何処からがアドリブなのか、その線引きが曖昧なのが何とも凄いところです。

嘘はアカンけど冗談は大好き!というのが僕の信条なのですが、そういう雰囲気を体現していたし、内容の根底にもそういうものが感じられました。

ちなみに、スポーツ新聞社で雑用をしているツヨシくん(養子の経験が・・・)が、実はタケシちゃんだったというオチが来るのでは?、と思いましたが、そこには一切関連性がなく、僕の無駄に考え過ぎてしまう一面を新たに認識しました。

観劇後、空さんと飲みながら日頃?と思っていることが明確化されたり、メガネやカメラの新たな知見を得られて、満足して岐路に就きました。

オードリーの悪いようにはしませんよ。

オードリーの悪いようにはしませんよ。オードリーの悪いようにはしませんよ。
(2011/04/28)
オードリー

商品詳細を見る


お手軽な本を読みたいなぁと思い、去年の夏のボーナスで買った本を読みました。

好きなお笑い芸人は?と問われると、シティボーイズとオードリーと僕は答えるだろうと思います。

歳が近いことも要因かもしれませんが、若林の視点・感性・思考・世間に対する態度というのが、自分ととても似ていると思います。

これからも、世間にイマイチ合わせられない面を持つことを認識しつつ、マイペースにしか生きていけない奴らの代表として、活躍してほしいと思います。

一度彼らのライブを観に行きたいと思ってるけど、やることがあるのかなー。

ANN0 パーソナリティ・オーディション



虚構の劇団の渡辺さん、応募していたようです。

何の制限もない3分間の表現って、結構難しいですよね。

内容はともかく、メガネ姿を見ていると、確かに俺と似ているのかも・・・と思いました。

僕はラジオっ子なので、渡辺さんがANNのパーソナリティになったら絶対に聴くけど、確率的には相当難しい話でしょうね。。

さよならKさん

深夜に帰宅すると、こんな葉書が来ていました。

さよならKさん


僕が普段着かつ仕事着でもある服を買いに行く際、大抵ある決まったショップに買いに行っています。
全然オシャレなんて分からんし、色んなお店を見て回ったところで何がよいか分からず、決まったお店の方が比較的緊張せずに済みますからね。

アパレル業界ってIT業界と同様、いやもっと人の出入りが激しくて、そこのショップでも、転職・退職・転勤といった感じで、せっかく少し仲良くなったかなと思った店員さんが、通常半年~1年ぐらいで居なくなったりします。
そんな中、Kさん(女性)は2年程ここのショップに居続けたんじゃないでしょうか。

Kさんと会えない寂しさも若干ありますが、また新たな店員さんと関係を築けるだろうか、という不安の方が大きいかもしれません。。

うちわ

OSS-DB技術者認定試験 ポスター・カタログ・ノベルティ 全員プレゼント

今年はPostgreSQLに力を入れて取り組んでいきたいと思っていますが、偶然にこのサイトを目にしました。

うちわなら貰ってもいいかなぁ~と思ったところ、枚数はこちらが入力できるようになっています。
会社のグループメンバーの数(協力会社含む)ぐらい貰っておいてやれと思い、「20」と入力して申し込みました。

数日後、仕事をしていると、LPIから電話が・・・。
うちわは郵送されてくると思っていたのですが、なんと職場まで直接手渡しに行きたいとのこと。

商用ベンダーでもないLPIの積極果敢な対応に、猜疑心と好奇心の両方を刺激され、職場に来ることを了承しました。

で、先週LPIの方が職場に来たのですが、僕は急遽決まったOracle研修のため、残念ながら直接会うことができませんでした。。

今日久しぶりに出社すると、うちわ20枚とデービー君2体、チョットした資料や懇親会の紹介などといったものが、僕の机に置かれていました。

代理で対応してもらった、たっちゃん曰く、シルバー・レベルであれば無料出張で研修を開いてくれたりと、色々と無償の範囲でもサービスを提供してくれるみたいです。
単純にうちわを貰おうと思っただけで予想外の展開ですが、これも何かの縁かもしれませんし、何かと活用していければと思います。

ペンギンプルペイルパイルズ#16「ベルが鳴る前に」

下北の本多劇場へ行ってきました。

安倍礼司でお馴染みの小林高鹿さんが所属する劇団の公演で、今回は虚構の劇団の小野川晶さんも出演されるとのことで、観に行きました。
ベルが鳴る前に_120218


この劇団の芝居は以前に一度観たことがありますが、今回も前回同様シュールというか、結末が曖昧な感じでした。
ただ、途中まで繋がりのないと思われた事柄が、最終的に根が同じことだったことは分かり、話自体が意味不明というわけではありませんでした。
あと、舞台装置がかなりしっかりしているなーと感じました。

時代は、現代のような気もするけど、産業革命の頃のような雰囲気。
冒頭、2人の男がトラックに乗っている。
それぞれが何らかの目的を持っていて、一人がヤスキ町へ、もう一人がハンダ地区へ急いで向かう必要がある・・・。

ナントカ粒子(粒子の名前を忘れました…)というのは、原発事故による放射能のメタファーだったのでしょうか。
とすると、ハンダ地区はフクシマ、「選ばれし市民」のいるヤスキ町は東京、のメタファーでしょうかね。

何とも判断しかねるので、この劇団の公演をもう少し観続けてみるかなー。

auスマートバリュー

肉さんからコメントをもらっていますが、実はその日にauショップへ行っていました。

「auスマートバリュー」の説明を聞くことと、申込が目的です。

説明を受けた時に、店員さんが書いたメモです。
auスマートバリュー_120218


・固定電話の復活に840円がかかる。その後、固定電話に月々525円がかかる。
・スマートバリュー月々1,480円(最大2年間)の割引を受けると、auひかりの工事代
 (1,312.5円×24ヶ月)の割引が消える。
※後で個人的に情報を確認した限りでは、メモの数値情報が一部間違えています。。

という説明を受けたので、「auスマートバリュー」を申し込むのを止めました。
2年後の価格体系がどうなってるか分かりませんが、その時に申し込むかどうか判断したいと思います。
ま、その頃にはフレッツとかに切り替えるかもしれんし。。

2年後ぐらいには、固定+モバイルの高速で安価でシンプルな料金体系になっていることを望んでいますよ、KDDIさん。

グリーンジャンボ宝くじ

研修会場が東銀座だったので、研修後に宝くじのメッカである「西銀座チャンスセンター」でグリーンジャンボ宝くじを買いました。
平日夜でも1番窓口は待ち行列ができているんですよねー。
行列嫌いの僕は10番窓口で買いました。

競馬等々の公営ギャンブルよりも配当に回す割合の低い「宝くじ」を買うのは、投資行動としては間違えているのは重々分かっているのですが、ささやかな人生の楽しみを買ったと思うことにしています。。

Oracle11g新機能

今週は、会社のお金で研修を受けていました。
ありがとうございます。

Oracle11g新機能の話を色々と聞きましたが、10gと比較して、DBそのもののの本質的な部分の改善はあまりなかった気がします。

パフォーマンス・チューニングに関しては、色んな機能が追加されていましたが、色々ありすぎるし、チャンとした知識と経験がないと、使えないなと感じました。
そもそも、Enterprise版じゃないとダメだったり、別途ライセンスが必要なものばかりだしね。。

あと、監視機能等のDB周辺の機能を組み込んだようで、きっと顧客の囲い込みをしたいんでしょう。
その結果、ASMはDBソフトウェアのインストールには含まれず、RAC構成でない場合にASMを使おうと思うと、クラスタ・ソフトウェアをインストールしないといけないようです。。
ま、スタンドアローンDBなら、OSファイルシステム上にDBを作ればいいだけの話なんだけど。

研修内容のボリュームが多すぎて、説明を割愛した章もいくつかありましたし。。
さらに、資料はサーバ(クラウド)上に置いていて、その資料上に書き込んだ内容も(XMLファイルとして)サーバに保存される仕組みになっていたんだけど、容量上限が10MBだったみたいで、途中で何度も落ちたりして結構面倒でした。。

クラウドにしたからと言って、何でもスマートになるわけじゃないのです。
それにしても、10MBっていう上限は少なすぎるよなぁ。。

結果としては、急いで10gR2を11gR2にアップグレードする必要はないと思いました。
12g(あ、12cだっけ?)が出るまでは10gR2を極めていけばよいと思うし、これからpostgreSQLを使いこなせていければ、全面的にPostgreSQLへ移行するのもアリかなと、個人的には思います。

ビッグデータビジネスの時代

ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略
(2011/11/09)
鈴木 良介

商品詳細を見る


関心のある話題なので、なけなしの金で買ってみました。

著者がビッグデータのコンサル(だと思う)、出版社が翔泳社、ということで期待して読んだのですが、入門レベルの内容という印象で、この本からは新たな知見を得られませんでした。
「ビッグデータ」から新たな知見を導き出さないといけない時代だと、この本には書いているけどね。

リアルタイムに個別最適化された情報を提供するために、様々なデータを収集・分析するための全体最適化したシステムを開発・構築したり、それから新たな知見を導き出せる人材が必要であることは、よく分かっておるのです。

そういったシステム技術や統計学等の知識を有する人材が必要だし、今後需要も大きくなるのは間違いないというのなら、それらのある程度の素養を身に付ける術を書いておいて欲しかったなー。

OM

等々力駅_120214


OM。
ゼロメートルではなくオーエムです、多分。

大井町駅方面から看板が付け替えられていることは認識していて、等々力駅が変わっていたのに今日気付きました。

地下鉄の駅には、(英語圏の)外国人向けに「アルファベット+数字」の記号表記を付けていますが、東急大井町線にも波及してきたのでしょうか。

それにしても、大井町の略がOMなんですか。
Oのみ、もしくはOO辺りでいいんじゃないでしょうか。
大江戸線と被るのかなと思って調べてみたら、大江戸線はEみだいだしね。

あと、ローマ字表記をするのは分かるけど、中国語・韓国語表記を付けるのって、どうなんでしょうね。
ここは日本なんだから、日本語とローマ字表記で十分だと思うし、それ以外の表示は過剰な親切だと思う。

そういえば、1~2ヶ月ほど前に東急大井町駅にホームドアができたものの、未だ使われていません。
大井町線で唯一ホームドアを設置できる余裕のある駅だと思うけど、チャンと使われる日が来るのかな。。

パルコ・プロデュース公演「90ミニッツ」

夜、渋谷のパルコ劇場へ行ってきました。

三谷幸喜作品、西村雅彦・近藤芳正という気心の知れた名俳優の2人芝居ということで、非常に楽しみにしていました。

今回の芝居のの元ネタは、「エボバの証人」の輸血拒否事件でした。
途中にほとんど笑いを入れることなく、三谷幸喜っぽくない感じで、淡々と社会派ドラマのように進んでいきました。

話としては特に真新しくもなく、斬新な視点もなく、ホントに普通に終わっちゃったという感じでした。
期待していたものとは違っていたので、ちょっと残念やったかな。。

僕もけっこう屁理屈をこねる達ですが、些細なリスクが重篤な結果を招く場合がゼロでないとすれば、結局は何もしないというか、コッチの理屈をまかり通らせることってできますよね。

ただ、何事もそれぞれのリスクやチャンスに優先度・重要度を付けて決定・決断していくしかないわけで、そういう部分を他人任せにしたり、決定・決断した人を糾弾するのが日本人なんだよなーと思った次第でした。

液体洗剤

近頃は、粉末洗剤より液体洗剤のほうが主流ですよね。

液体洗剤のほうが水によく溶けそうなイメージがあるので、僕も液体洗剤を使っています。

大学入学から17年ほど使い続けている洗濯機には、柔軟剤の投入口があるのですが、月に1度ほどそこに誤って液体洗剤を入れてしまうのです。

粉末洗剤の時には絶対に間違いようのないことですよね・・・。

どうしたもんかなぁと考えたのですが、液体洗剤を誤って柔軟剤の投入口に入れるより、柔軟剤を誤って洗剤として入れてしまう方が凹み度も低く、実際に被害が小さいと思うので、必ず最初に柔軟剤を手に取るように置き場所の配置を逆にしてみました。

これで無事解決されるといいんだけど。。


どうでもいい話ですが、寒い日が続いていてインフルエンザも流行っているから、献血に来る人が減っているので来てくださいというメールが来たので、渋谷の献血センターに行ってみると、人でごった返していました。。

上野毛

ル・サフラン

最近、平日の睡眠時間が足りない日が続いて、朝目覚めてもまだ脳内がキチンと整理されていない感覚を覚えます。
そんなわけで、人生を浪費するように昼を過ぎても寝ていると、マツザカくんから電話がかかってきました。

『上野毛駅近くのケーキ屋にいるんですが、食べますか?』とのことなので、ありがたくご馳走してもらうことにしました。

ココのお店は、美容院へ行く時に通り過ぎているのですが、僕は入ったことがありません。

ル・サフラン_120211


王将をご馳走してもらったばかりだし、何だか申し訳ないのですが、マツザカくんが自分が負っている『王将』を少しずつ支払おうとしてくれているのかなぁー。

FC2ブログではじめるこだわりブログ 第4版

FC2ブログではじめるこだわりブログ 第4版(FC2ブログ公式ガイド)FC2ブログではじめるこだわりブログ 第4版(FC2ブログ公式ガイド)
(2011/12/09)
邑ネットワーク

商品詳細を見る


ブログを引っ越すにあたり、この本を買ってみました。

本がなくても、アレコレ弄って時間をかければ何とかなったかもしれないけど、それなりに役立ちました。

今後もチョットした表現方法に迷った時には、読み直すことになると思います。

ネズミ

定時を過ぎた夕方頃、親父から電話がかかってきました。

電話に出ると、こちらの都合も考えずに、いきなり「ネズミが出てこーへん、ネズミが出てこーへん」と連呼してきました。

この言葉だけだと若干意味不明ですが、チャンとした知識をほとんど持たないPCで何か起きると、ちょくちょく電話がかかってくるので、親父が言いたいことは直ぐに分かりました。

要は、マウスのポインタが画面上に出てこない、ということでした。

差込みが弱くなっていないか確認させた後、一度PCを再起動してもらおうと思ったのですが、コレがとっても一苦労なのです。
親父は、未だにフロッピーでファイルを保存しています。。
フロッピー上のファイルを更新している途中だということで、ファイルの保存をキーボードを使ってさせようと思ったのですが、なかなか意思疎通ができずに、その状況に嫌気がさした親父が「もう強制的に電源切るわ」と言って、(おそらくいつものように)電源を切ったみたいです。

その後、無事にマウスのポインタが画面に表示されるようになったそうです。


ジュンク堂書店の新宿店が、入居している新宿三越アルコットの営業終了に伴い、閉店しちゃうんですね。
時間が空いたときとかに、のんびりと本を探したり確認したりするのには、一番良いお店だったんですけどねぇ。
ま、ココで確認した後に、購入はアマゾンでという自分みたいなのが、閉店の一因なんでしょうが。

ソーシャルメディア炎上事件簿

ソーシャルメディア炎上事件簿ソーシャルメディア炎上事件簿
(2011/08/25)
小林 直樹

商品詳細を見る


面白そうかなと思い、借りてみました。
ITリテラシがなくても、ササッと読めます。

気軽で便利なソーシャルメディアを活用することで、個人や中小企業であっても情報発信や共有がやりやすくなっています。
ただ、同時に様々な炎上事件が起きていますね。

この本では、様々な炎上事件の始まりから顛末まで、丹念に書かれています。

「ソーシャル」ということは、ネットは実際の社会と隔絶された世界ではないし、自らの発言はネットという巨大空間で容易に複製されていきます。
誰もが自分はそんな愚かなことはしない!と思っているけど、実際に炎上を起こした人たちも、そう思っていたはずです。

リアルな社会同様、ネット社会でも、自分と社会の最適な関わり方を各自で考えていかないといけないなーと改めて思いました。
というわけで、僕は今のところ必要性を感じないツイッターとフェイスブックはやりませぬ。

auスマートバリュー

auスマートバリュー

2/14から申し込みが始まるんですね。

auのスマートフォン(iPhone)を使い、auひかりを利用しているので、2/14が来たら申し込んでみようかと確認してみると・・・
指定の固定通信サービスで「ネット」+「電話」をお申し込みまたはご利用中のお客様が対象です。

固定電話なんて使わないし、月々525円かかるから、電話は解約したんですけど~。

ってことは、オレは対象外ってことですか。。
期待して損した気分。。

auひかりの2年縛りが終わったら解約して、フレッツか何かに変えた方がよいかな。

あべ博

横浜の日産グローバル本社ギャラリーで開催された「あべ博」に行ってきました。

「あべ博」と書いて「あべはく」です。
「あべひろし」ではありません。

9:30頃に会場に着くと、既に数十の人が並んでいました。

普段生活していると、安倍礼司の話をしても、1%の人にも共感してもらえないけど、今日は100%安倍礼司好きが集まっているわけで、それだけで和やかにテンションが上がりました。

安部プロデュースの公開録音収録イベントに当選していたので、それに参加した後は、ふらっと見て回ったらサッサと帰ろうかなと考えていたのですが、刈谷プロデュースの公開収録や大日本ジェネラルのオフィスを再現したエリア、ステージ上でのイベント等々が楽しくて、結局最後まで堪能してしまいました。

あべ博(ホール)_120205

あべ博(ステージ)_120205

あべ博(オフィス)_120205

あべ博(安倍礼司デスク)_120205

あべ博(8ちゃん)_120205

あべ博(メインステージ)_120205

あべ博(サブステージ)_120205

あべ博(安倍礼司)_120205

あべ博(刈谷勇)_120205


公開録音では、安倍くんと優ちゃん、飯野っすとサトミちゃん、安倍どんと加奈ぽん等々、リスナーには思い出深い名シーンの再現を目の当たりにできて大変幸せでした。

あと、来週放送分の録音が行われたのですが、入場の際に脚本をもらっていたので、それを見ながら生でセリフを聞いていることが、メチャクチャ楽しかったです。
今後はRadikaでちゃんと録音して、脚本集を買ったら、それを見ながら再度聴くってのもアリだなと思いました。
ま、そんな時間が取れるのか、という話がありますが。。

オフィスの再現コーナーでは、安倍礼司のノートPCに電源が入っていて、「新事業提案 ご当地ナビを活用したコミュニティー開発」というプレゼン資料の作成途中という雰囲気でした。
最近はほとんど聞かなくなったけど、ご当地ナビは引き続きやってるんですねー。
ということは、一応商売敵になるのかな(笑)

あと、懐かしの8ちゃんの在庫の山が・・・。
いや、俺買うから売ってよー!と思っちゃいました。

今回、出演者の皆さんが名刺を配られていました。
安部くんや刈谷さん、加奈ぽんといった面々からいただくことができたのですが、飯野っすさんや優ちゃんから名刺をもらおうと並んでいたら、名刺が切れて残念ながら貰えませんでした。。
ま、次回イベントの楽しみとして取っておくことにしましょうかね。

それにしても、出演者の皆さんはとっても生き生きとされていて、番組上のキャラクターに負けず劣らず素敵な方々ばかりでした。
表現することを仕事にされている方だからでしょうかねぇ。
僕も、こうやって細々ながらも色々とアウトプットしていこうと思いました。

ちなみに、この1日で延べ2万人が来場して、日産グローバル本社ギャラリー来場者数の新記録を樹立したそうです。
色んな点で確実に平均未満な僕ですが、ここまで人々の心を掴んでいる平均的なサラリーマンの安倍礼司は、確実に「BEYOND THE AVERAGE」を実現していますね。

どうか、僕がナイス30'sまでの間は、この番組が続きますように。
モチのロン、僕がナイス40'sになっても続いていてくれたら嬉しいし、AVANTI並みの長寿番組になってくれると、なおさら嬉しいです。

ジョブズ・ウェイ

ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ
(2011/08/03)
ジェイ・エリオット、ウィリアム・L・サイモン 他

商品詳細を見る


これまで読んだジョブズ本と内容は被っています。
ま、周りから見たジョブズ像というのが、ほぼ同じなのは仕方ないですね。

自分が好きなことに情熱を燃やして、失敗や挫折も糧にして、妥協することなく完璧さを追求する。
このことすら、凡人には貫徹することは難しいけど、やはり周りの優秀な人材を納得させて、その気にさせて、巻き込んで、能動的に加わらせるように仕向けることが、非常に秀逸な人ですよね。
単にプレゼンが上手いとかいう小手先のレベルでもないし、根回し上手っていう意味とは全然正反対だし。

こういう周りを巻き込める才能があるからこそ、情熱が実を結ぶんでしょう。
一人だけじゃ、できることなんて限られているわけだし。

世の中にある製品やサービスに無意識に合わせてしまって気付かないけど、もっと便利で簡単になるべきモノって、たくさんあるんだと思う。
仕事上、少しでも簡素に効率的に業務を回すことなどを考えてはいるけど、もっと身近な生活にも改善すべきことがたくさんあって、それに気付けない自分自身に、何ともない歯がゆさを感じます。。

Googleドキュメント

一度だけ、物理的に離れた別PCへ個人的なファイルを渡して作業を続けたいと思った時に、使ったことがありました。

ラジオを聞き逃した!録音し忘れた!という人がいた場合、Radikaで録音したファイルを転送する手段として、Googleドキュメントが使えるのではないかと、はたと思いました。

いつもながらGoogleのヘルプの解読に苦労しつつ、Gmail(GoogleApps)アカウントを持つ人であれば、無事にファイル共有できることを確認しました。

1GBしかないのが難点ですが、フリーのオンラインストレージを利用するよりは手軽に共有できるので、今後活用していこうと思います。
プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5828位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1121位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。