スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイスブック

とりあえず、登録してみました。

ただ、スマートフォンを持っているわけではないし、パソコンからもほとんどログインすることは無いと思います。

ツイッターやフェイスブックといった、いわゆるソーシャルネットワーク・サービスは、僕の性格には合わないと感じています。

同じようにネットを介してやり取りするメールは、必ずしも即応する必要がなく、お互いの都合の良いタイミングで応答すればよいわけで、そもそもネット勃興の頃には、こういうことが利点として挙げられていたはずです。

ソーシャルネットワークでは、それと真逆のことになっているわけで、反射的・瞬間的な反応が苦手で、一度自分の中で咀嚼して考えてしまう癖のある僕には不向きです。

もちろん、実際に面と向かって話をする場合は、言語以外の様々な情報を直接的に得られてるため、そこまで裏を読もうとか思いません。
ごく普通のコミュニケーションは、ごく普通に楽しめているはずです。

ちなみに、このブログは誰かに読んでもらおうと思っているのではなく、あくまで自分の行動や思考を残すことが目的です。
なので、コメントはごくたまに貰えるって感じが丁度いいし、有り難いと思っています。
スポンサーサイト

台湾美女のコスプレ天気予報

WEATHER GIRLS

台湾とアメリカの天気予報なのに、なにゆえ日本語。。

でも、親日の『国』だし、微妙な日本語も可愛くていい感じ。

台湾は、国も女性も素敵です。

エンジニアのための図解思考 再入門講座



去年の冬の賞与で買っていた本です。

システムエンジニアという職種は、新たな仕組みを考えることを仕事にしています。
そのため、自分の考えをまとめたり、原因や目的を捉えたり、他人と認識や理解を合わせるために、『図解』を駆使する必要があります。

僕自身、過去に色々と悩んだり考えたりしてきて、この著者の本を何冊か読んだことがあります。

ま、そんなこんなで10年以上やってきていることでもあるので、100%ではないにしろ、この本に書かれていることは実践できているんじゃないかと思います。


ある後輩にも、ここでいうところの図解思考を身に付けて欲しいと思ったけど、残念ながら無理でした。。

他人からノウハウを教えてもらって、それをそのまま使うものではなく、自ら思考して書いてみて、それを他人に評価してもらう、といったことを続けていかないと身に付くものではありません。

そもそも現実の仕事において、絶対的な「正解」というものは無いはずですが、「こういう時にはこうすればいい」という正解を欲して、それを鵜呑みにしている感じでした。

自ら思考せずに、正解を教えてもらおうとする傾向は、日本の学校教育のせいかもしれません。

でも、その後輩は一応院卒(某一流国立大学)だし、大学の頃ぐらいは自ら試行錯誤して、それを周りの人間とコミュニケーションして、時には罵声を浴びせられる経験があるのが普通かなぁと思うんだけど、今の大学って自分たちの頃よりも更に緩くなってるのかなぁ。。

お悔み

故・ゴールドラット博士の功績を振り返る

ゴールドラットさん(プロフィール欄に記載)、お亡くなりになってたんですね。
ご冥福をお祈りいたします。

「ザ・ゴール」では、本来の目的を認識し全体を俯瞰して最適化するという、ごくごく当たり前のことが物語を通して書かれてたけど、凡人は目の前のことだけに捉われてしまって、目的を誤って部分最適化に陥ってしまうわけです。

凡人である僕も、チョットした情報や出来事に、反射的に右往左往してしまうことがあると思います。
ここ最近の急進的な原発反対の声に関しても、心情的には賛成ですが、エネルギー源の転換には最低数十年程度かかるわけですから、中長期的な話として議論すべきだと思います。

お金さえ出せば何でも買える時代に生きていると、農産物でもエネルギーでも不足していても、直ぐに代替できると錯覚してしまいますが、工業製品と違って、材料さえ集めれば即座に作り出せるものではないのです。
(工業製品についても、高い技術力が必要な物は即座に作り出せませんが)

あと、原発を元にしたエネルギー分を代替するのではなく、使用を減らせばよいと考えている人もいると思います。
そうなると、電気を大量に使う工場や情報サービス産業が海外へ移転することで使用が減って目的が達成されるかもしれませんが、日本に失業者が溢れるなどの問題が発生することになるかもしれません。
それこそ、何が目的でこんなことをしてしまったのか?、と後の祭りの状況になってしまうかもしれません。

正しい答えのない社会的な問題だからこそ、解決のためには、熱い心だけではなくクールな頭を皆が使わなければならないと思います。

プロジェクトマネージャー



世田谷区には所蔵されていなくて、新宿区からやって来ました。

プロジェクトマネージャーが様々なトラブルに苦悩しながらも、何とか成功へ導くための物語というだけの内容でした。
新たな知見は特に得られることは無いです。

タイトルが「プロジェクトマネージャー」となっていますが、個人的にはリーダー論のような印象を受けました。

簡単に成功しても成長しないし、精一杯に頑張ったのに失敗に終わると、精神的に立ち直れないこともある。
精一杯に頑張って何とか成功という果実を得る、というプロジェクトをこなし続けられれば、プロジェクトリーダーもプロジェクト配下の人達も成長していくのは間違いないけど、ということは右肩上がり的なプロジェクト運営をせねばならんわけで、それはそれで精神的に参ってしまうかもしれない。

基本的に、システム開発は成功して当たり前、失敗すれば非難を浴びる、という宿命です。
とりあえず、毎日仕事を終えたら、頑張った自分を自分で褒めてあげましょうね。

経済古典は役に立つ



日本では、政府が大衆迎合的にケインズ的政策を取る傾向があるということは認識しているし、それを経済専門家と呼ばれる方々が批判する論調もよく見聞きしている気がします。

でも、これって方法(ハウツー)が良いか・悪いかという表面的な議論だけな気がしていて、そもそも何を問題としているか?という出発点を定義して、課題を上げて、それらの解決策(ハウツー)を考察・実行する、といった所謂PDCA的な深みのある議論がないことに違和感を感じていました。

経済古典も、単に過去に行ったハウツーを真似るだけだと意味は無いと思うけど、その時代の頭のいい人たちが、その時代の経済問題をどのように捉え、それをどう理解して、解決しようとしていたのか、といったことを知ることは、この本のタイトル通り役に立つと思いました。

話は変わりますが、科学者って謙虚に問題に取り組む人達なんだと思っていたけど、福島第一原発の事故で、経済学者と同じレベルなんだと思って、ちょっとショックを受けています。

黒い十人の女 ~version100℃~

青山円形劇場に行ってきました。

ナイロン100℃という劇団は知っていて、一度は観てみようと思っていました。


僕が最初に観た本谷有希子作品「遭難、」で、えげつない女教師役を演じていた松永玲子さんは、ここの劇団員みたいですね。
このお芝居でも、なかなか存在感のある女優役を見事に演じていました。

緒川たまきさんは一見スラッとしていて演技の幅が狭そうなイメージを持ってしまいますが、幅広い柔軟な演技をされて、イイ感じに笑いも取っていました。

安部礼司で有名な小林高鹿さんも出演されていて、何気に良いポジションの役を素敵にこなしていました。


とまぁ、役者さん自体はとても良かったのですが、ストーリーが何とも評価しようがない感じでした。

全くもって意味不明という芝居でもないんだけど、男女ともども何故そのような行動に至ったのか、その時の心情や心情の変化が理解できないので、イマイチ合点がいきませんでした。

おそらく、今後観に行くことは無いかと。。

点検修理

低音の「ド」を出す際、右手小指で押さえるタンポを変えます。

タンポを押さえると連動して塞がる穴があるわけですが、その塞がりが弱くなっているようで、低音の「ド」が出にくくなっています。

フルートを購入して1年ほど経った時に点検してもらったところ特に問題なかったのですが、そこから約3年間は点検をしてもらったことがありません。

さすがに色々と修理が必要なんだろうなぁと思い、当面レッスンの予定が無いこともあるので、ヤマハ銀座店にフルートを持って行きました。

サクッとフルートを見てもらったところ、全体調整8,000円、タンポの調整(@500円)11箇所を合わせて、修理代として約14,000円の見積もりを提示されました。

全く予想していなかった出費となりますが、致し方ないこととして修理をお願いして、フルートを預けました。

節約と賞与に淡い期待を抱くしかなさそうです。。
プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
649位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。