スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルートアンサンブルの楽しみ

年に1度、ヤマハのフルート講師が横浜に集まって催されるコンサートへ行ってきました。

みなとみらいに19:00までに着くために定時退社したのですが、18:20頃には到着していました。
川崎に移転してイイことない気がしますが、横浜に行きやすくなったのはイイことかもしれません。
(横浜へ行くことは、ほとんどないけど…)


神奈川でヤマハのフルート講師を束ねているだけあって、恭子先生は今回も中心になって演奏されていました。
髪を後ろで縛ってる感じが、いつもと違った雰囲気を醸し出してよかったと思います。

仕事の疲れとフルートの心地良い音色で、途中ウトウトしつつ、ゆるりと楽しめました。
比較的自分好みの女性と恭子先生を中心に、演奏を眺めていました。


平日ってことが原因かもしれませんが、観客のほとんどが高齢の方々でした。
ま、いわゆる定年退職の立場にならないと、フルートを趣味として使う時間がないのも事実だしね。

仕事していると、平日はなかなか練習できないし、休日は休日でアレコレやってたり、グッタリ休んでると、あっという間に終わっちゃって練習できないもんね。

って、自分がフルートを全然練習していないことを正当化する精神がダメなんだな。。
スポンサーサイト

DSK

DSK・・・大好きの略とかではありません。

今の会社に転職する前、N社に偽装請負として常駐していました。

その常駐していたビルが、DSKビルといいます。
約3年ぐらい居たことになるのかな。

今の会社に転職した後、協力会社から僕らのプロジェクトに入ってきた『こいぬ~さん』が、同じ時期にDSKビルに居たことが判明して、この業界は狭いなぁなんて思ったものでした。


で、なんと今は肉がDSKビルで働いているというではないですか。。

あんな辺鄙で、人が働くことを想定していないようなビル(荷物とかサーバとかを置くようなビルな気がする)はとっくになくなってると思ってたけど、まだ存在してるんですね。
ま、駅から近いビルほどマンションなんかに替えやすいだろうから、駅から遠いDSKビルとかが残っちゃってるのかな。

駅からビルまで、ジメジメした季節にスーツ姿で歩くのは大変だと思うけど、頑張って下さい。
梅雨が明けたら、Jさん含めて一度品川辺りで飲むとするか。

竜馬がゆく(二)

朝、間もなく川崎に到着するタイミングで、京浜東北線が止まりました。

踏切に、自転車に乗った人が進入したらしく、点検云々で30分ほど動いてくれませんでした。
JRって、『点検』に時間がかかるから、イラッと来るね。

そのおかげではありますが、第二巻を無事に読み終えました。

まだ日本のために何を為すべきか模索中の竜馬ですが、とうとう脱藩しました。
今後の飛躍に期待って感じですね。

僕も自分の為すべきことを考えるだけでなく、実行していかねば。。

川崎

なっぱjuicy

大学時代の数少ない友人である、まきちゃんからおめでたい報告をもらって、久しぶりに会いました。

スーファミが置いてあったり少し変わった雰囲気でしたが、料理や質量ともに良かったです。

色々と忙しいだろうに、昔と変わらず楽しくお話ししてもらって、とても楽しかったです。

エアコンの水漏れ

梅雨入りして、ここ最近急激にジメジメして来ました。
洗濯物を部屋干ししてることもあり、部屋の中の湿度に耐えきれず、昨日にこの夏初めてエアコン(除湿)をつけました。

しばらくすると、水がボトボト滴る音が聞こえて、最初は「ああ、勢いよく水が排出されてるんだなぁ」と思っていましたが、妙にリアルに聞こえると思ってエアコンに近づくと、送風口の下あたりから、水が漏れていました。。

慌ててエアコンを止めましたが、急には水漏れは止まってくれませんでした。
タオルやらティッシュをエアコンの下に敷いていたのですが、出社前の出来事で、このままだと床とかが水浸しになるのを覚悟して家を出ねばならないのか…と焦っていましたが、運良くバケツがあることを発見して、エアコンの下にバケツを置いて出社しました。

ドラマとかで、雨漏りしたらバケツやら風呂桶を置いたりしてるじゃないですか、こんなことを体験するとは思いませんでした。。

昨日今日は、終日不動産屋やメーカーの修理センターと電話のやり取りをしていました。
不動産屋曰く、同じような水漏れトラブルが、30件ぐらい着ていると言ってました。
自分が経験していないだけで、エアコン(除湿・冷房)の使い始めの時期にはどうやらよくある症状みたいです。

そんな状況なので、メーカーの方も修理依頼がたくさん舞い込んでいるらしく、直近で22日(火)になると言われてしまいました。。

一日も早くエアコンライフが復活するといいんだけど、一体どうなることやら…。。

告白

仕事帰りに観てきました。
仕事をしていて、目黒より川崎の良い点はほとんど無いのですが、駅周辺にたくさん映画館があるのは、イイですね。

あと、20時以降の上映は1,200円になるってのもイイ。

原作を読まずに観たのですが、多分原作はもっと重い感じなんでしょうかね。
もちろん、映画も重かったのですが、映像自体はエグイ一面もありつつ、ポップな雰囲気を感じました。

基本的にハッピーエンドになるのは好かないので、皆が絶望の方向へ行く感じは自分の好みでした。

それにしても、同年代の松たか子や木村佳乃が母親役とは、、時の流れを感じます。
あと、妙に大人びた印象があったけど、あの少女(橋本愛)はまだホントの中学生なんですね。
少し影のある雰囲気を出していたのは、個人的にはアリな感じでした。

原作を借りて読んでみようかな。
予約数がかなり多くて、借りられるのは随分先になりそうだけど。。

竜馬がゆく(一)

冬のボーナスの頃に購入したから、約半年経過してたのか…。
ようやく、読み始めました。

サクサク読めて面白いです。

でも、コレを読んだ後だと、やはり福山雅治が龍馬ってのには違和感があるな。。
もちろん、龍馬伝は龍馬伝で良いんだけど。

そもそも、こちらもあくまで歴史小説であって史実ではないのだから、という前提を忘れずに、楽しく読み切ろうと思います。


フルートを一緒に習っている人が僕以外に2人居るのですが、どうやら皆バイオリズムが悪いみたいで、最近集まりが悪いです。。

修学旅行

さよなら修学旅行列車 姫路の小学校、バス利用に

20年前と変わらず、今も1泊2日で奈良伊勢に行っているのですね。
自分の記憶では、大半電車の中に居たイメージなんだけど、今の時代、モンスターペアレンツからクレームが来そうな旅程な気がする。

奈良伊勢が変わらず、バスに変わるのなら、やっぱバスの方が時間がかかって大変なのかなぁ。

確か、山陽電車が阪神電車を経由して近鉄まで繋がったとかいう話を聞いたような気がするけど、だとしたらJRじゃなくて私鉄を利用するようにしちゃえば、解決するんじゃないかと思ったオレは、浅はかなのかな。

孫は祖父より1億円損をする

今の生活が今後も維持し続けられるのであれば、アリなのかもしれないけど、これから生まれてくる日本人は、生まれた瞬間から大きな借金を背負わされることになる。
こんなことを真面目に考えると、子供がかわいそうに思えて、産む気がなくなる人も居るかもね。

正規非正規雇用といった、若手世代内の格差がよく問題になるけど、それ以上に大きな格差が世代間の格差。
労働者の数が減って、年寄りが増えるという状況がさらに顕著になっていくのだから、所得(個人も法人も)からたくさん税金を取るようになったら、働く気がなくなるか反乱をおこして、税金を払わなくなるかもしれない。

やはり、国家に受益を求めるのなら、全国民で負担していかねばならぬわけで、そういう点では世代間格差が生じない消費税や資産税の2本立てで徴税すべきだと思うのですよ、僕は。

消費税は同じモノを買ったら、金持ちも貧乏人も同じ税率だから不公平だと言う人が居るよね。
それって事実ではあるけど、やはり金持ちの方がたくさん消費するわけだし、所得が明確なサラリーマンと不明確な個人事業主では元々所得税が不公平なんだから、よっぽど消費税の方が公平だと思うんだよね。

あと、相続税をなくして、たとえば毎年資産の1%に対して税金を取るようにすれば、安定した財源になるし、どうせ税金で取られるならってことで、消費に回るお金も増える気がするんだよね。
少子高齢化の時代では、所得ではなく資産に対して徴税するのが公平だと思うのです。

劇団 SHA.LA.LA 「DONNA SUMMER NIGHT」

ウッチャンを生で見てみたいと思い、定時退社して新宿へ行って来ました。
職場が川崎へ移転しちゃったから、微妙に遠かったりすんね。

劇場に着くと、八嶋智人、ウド鈴木を見かけました。
また、トイレへ行くと、明らかに業界人的な人が業界トークをかましていたりました。

お笑いコントをするのかなと思ってたのですが、普通に芝居をやってました。
微妙な笑いが所々散りばめられていましたが、内容的にはイマイチな感じでした。
今の時代に合っていないのかなぁ。。

彼らが出会ったルーツなのかな、映画のことがたくさん含まれていました。

それにしても、ナンチャンって何かうざいね。
きっと本人は一所懸命してて、悪気はないんだろうけど。

オタマトーン

フルートのレッスンに行った際、勢いで買っちゃいました。

オタマトーン_100602



フルートですら、日頃から自宅でほとんど練習してないから、コレも買ってからまだ封を開けてません。。

男子のための恋愛検定



たまたま付けたテレビで、各人がお薦めの本を紹介しあう番組をやってて、そこで紹介されていたので、恋愛偏差値の低いボクとしてはとりあえず借りてみることにしました。

その日の食料に心配することの無い時代となって、本来特権階級のみに許されていた恋愛が万人のものとなり、恋愛至上主義が蔓延しているこの時代。

恋愛でお互いの違いを認め合って結ばれることは素晴らしいけど、人生の中でそんな形で上手く行く恋のほうが少なくて、恋愛感情が元で不幸な事件が起きることのほうが多かったりする。

そもそも、恋愛というのはピュアな想いだけじゃなくて、色んな感情が綯い交ぜになったもので、どれ一つとっても同じものではない。

また、相手のことを思って云々といったところで、つまるところ自分の欲望に過ぎないことが多い。
ま、かなりの部分が自分の欲望なんだろうけど、その欲望の結果の言動を喜んでくれる人が居るとすれば、それが恋愛(というか、家族愛とかもそうなのかな)なのかもしれない。

恋愛の沸点が低いので、今後恋愛することがあるのか非常に不安ですが、「実現されなければされないほど、その思いが膨張する」という欲望の法則の下、とりあえず恋愛以外の自分をより高みへと持っていくことを実現するために、諸々専念していくしかないのかなと思います。
そうすれば、きっと素敵な出会いがあることを信じて…。。

ありがとうDBマガジン

丁度ボクが社会人になった年に創刊されたDBマガジン。

時代の流れと言えばソレまでですが、休刊になります。
月刊「DBマガジン」休刊のお知らせ

技術的には、Oracleを中心としたDBに興味を抱き、将来性・希少価値を見出して、若かりし頃は働いていました。
そして、それが礎となり、今もどうにか飯を食えているわけです。

そんなボクに、色々と有益な情報を与えてくれたDBマガジンが突如休刊になるとのことで、残念と言うか悲しい気持ちです。

今はネットでググれば何でも分かるというのは一面的には正論なのですが、それは検索したい内容が自分の中でしっかり認識できている場合だけだと思うのです。
しかも、容易に得られる情報ほど、本質的な理解ができなくなるという人間の愚かさもあるわけです。

欲しい情報をダイレクトに得られることも、もちろん大切です。
でも、多少道草を食いながら、蛇足な内容も含めて色んな情報に出逢い、そこで何かしら新たに琴線に触れる機会を得るためには、こういう雑誌は必要だと思います。

今後は、電子書籍等で新たに刊行してくれることを希望します。
そうなれば、自分には無関係だと思ってるiPadとか購入する契機になるかも。
プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6638位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1263位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。