スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『NECK』

来期会社が移転しちゃうと、平日19:00開演の芝居を観に行くのは、ちょっと難しくなるなぁなどと思いつつ、定時退社して青山円形劇場へ行ってきました。
(早退しちゃえば大丈夫か…)

板尾創路が出演するということでチケット取ったんだけど、その板尾が体調不良で降板したのでした。。

青山円形劇場自体それほど広くないのに、ホールの真ん中に山中の土の地面を表した大きな舞台があって、またホールの外側は映像を映すようになっていたので、全体的に客席が少なくて観客全員が舞台にすごく近かったです。


集団心理の恐ろしさを元にした、よくあると言えばよくある話でした。

第二次世界大戦の大本営、社会主義国家の独裁政治、最近ではネット書き込みの暴走等々といったものに通じる話で、皆で決めたこと・皆が言ったことだからという理由で、極端で残忍で無責任な事柄が実施されていきます。

ある草野球チームの3人が、チーム内のくじ引きで決めたことに基づいて、チームのメンバーであるアダチを暴行したチンピラを山中の地面に埋めるところから始まります。

翌日、草野球チームの3人がそのチンピラのところへ行くと、何の因果か自分達が地面に埋められてしまう羽目になってしまします。

その後の彼らの運命は、ネット書き込みのアンカーの内容通りに決まっていき、…といったお話です。

内容としては、なかなか良かったと思います。


主要なキャストは、終始首より下が地面に埋められているという設定で、体調が悪いと確かにしんどい芝居なのかもと、降板した板尾のことを思いました。

それにしても、彼女であるオンダを退部させるかどうかを決めるくじ引きで、何でアダチは両方のボールに「×」(つまり、退部させる)を書いたんだろう…。
くじで「○」を引いていれば、こんなことが起きなかったわけなのだし。
最後の最後で、その理由が分からなかったです。
スポンサーサイト

監視カメラが忘れたアリア

上野で土偶を堪能した後、高円寺へ向かいました。

ボクに激似と言われている渡辺さんが所属している、「虚構の劇団」の舞台を観に行くためです。

舞台は今より少し未来の話で、安全のためにあらゆる場所にカメラが設置されていて、それが防犯なのか監視なのか、どっちなんだい?というお話でした。
で、好きだからこそ知らせない・知らなくてもいいというか、秘密もあっていいんじゃない?というお話でした。

今回はよくあると言われればよくある話だけど、イイ感じのテンポで最後まで飽きることなく楽しめました。
また、終演時の舞台が開演時と同じになっていて、イイ感じにループになっていました。

一緒に観劇に感激した人達(空・J・こりん)に確認してもらったところ、やはりボクと渡辺さんは似ているという結論に達しました。
毎度のことながら、本人には分からないんだよね。。

このあと、居酒屋でWLトークやガールズトークで盛り上がりました。
WLは今も楽しそうだし、僕にとっては非常に懐かしくて、いつまでも程よいカオスな感じであって欲しいです。

国宝 土偶展

多分つまらないんじゃないかなぁと思いつつ、土偶を観る機会なんて今後無いだろうからと、上野の国立博物館へ行ってきました。

仏像展には何度か行ったことがあって、平日に行っても入場するのに1時間待ちでした。
仏像に比べて土偶の人気は低いだろうからと思いつつ、最終日の1日前の土曜日なので、夕方からの用事を余裕で迎えられるように、14:30に行きました。

国立博物館へ向かうと、何と入場30分待ち!!
余裕を持って来て正解でした。
※16:30頃に国立博物館から出る時も、まだ入場を待つ行列が出来ていました。

土偶展_100220_1

土偶展_100220_2

自分が思っていた以上に、様々な土偶・縄文式土器を食い入るように見ました。
国宝になっている土偶は3体しかなくて、一同に会したのは今回が初めてのようでした。

教科書で見る土偶って、遮光器土偶だと思いますが、コレって国宝じゃなくて重要文化財でした。。
国宝があるのに、土偶の写真として何でこの土偶を載せるんでしょうかね。。

もちろん、この遮光器土偶も展示されていたので、マジマジと見ました。

遮光器土偶や合掌土偶、ハート形土偶といったように、現代の概念を通したネーミングが付けられていました。
ただ、縄文時代に遮光器・合掌・ハートといった概念があるわけではなく、そういった雑念を取り除いて、素直に見る必要もあるのではないかと思いました。
異文化を理解する際に、自分達の概念で理解しようとしても、理解できなったり誤った理解になることがあるのと一緒で。。

縄文時代には様々な情報が溢れているわけもなく、基本的には個人や小さな集団の中での創造性が作りだしたものだと思うので、そう考えると現代人よりも解放的な発想力・芸術性があった気がしました。

意外にも外国の方がチラホラ見に来ていたけど、武家社会の時代ではない日本(しかも縄文時代)を見たところで、楽しいのかなぁと少し心配になりました。

寛永寺から見た東京スカイツリー_100220

5分で身につく!部下が育つ「話し方」


部下が育つ「話し方」

自分はリーダータイプではないので、今後も上司の立場になることを極力避けるつもりですが、近頃後輩の指導に頭を悩ませているので、借りてみました。

昔の日本は、上司が絶対的だったと思うので、部下が上司に合わせるスタイルが基本だったと思います。
そのため、上司は部下全員に対して、一律同じ態度で接することができたのだと思います。

しかし、現代の日本は、個性(個性をはき違えているものを含めて)という名の下で、異なる価値観を認めることが求められています。
そんな環境の中で、全体のパフォーマンスを最大にするために、上司は部下それぞれの性格や能力に応じて接することが段々と必要になってきていると思います。


・押し付けるのではなく、質問等して気付かせる・悟らせる。
・決め付けるのではなく、促す。
・相手と自分の違いを知った上で、コミュニケーションを取る。
・部下の成長のために与えた仕事に対して、失敗(リスク)を許容できるようにして責任も取る。
・粘り強く指導して、適度な距離感で目をかける。

こんなことができる上司になろうと思ったら、鬱になるんじゃないでしょうか??
世の中には、どんな人に対しても自然に素晴らしい対応ができる人がいると思いますが、僕自身はかなり意識しないと(意識してても難しい…)、ムリだと思います。。

若手は自分のことで一杯で難しいかもしれませんが、やはり上司と部下は、一方通行ではなくお互いを慮る必要があると思います。


結局、Googleのような個々人が自立したフラットな組織が理想なんだと思います。
そういう組織こそが、本当の意味での個性を認め合い尊重できるんだろうし、結果も付いてくる。
結果を出さないと、退出させられちゃうけどね…。。

AGAPE store 最終公演!「残念なお知らせ」

定時退社して、新宿へ向かいました。

AGAPE storeとは、松尾貴史が演出家のG2という人と1998年に結成した演劇ユニットらしいです。
僕はこのユニットの公演は初めてですが、今回がこのユニットでの最終公演だそうです。。

子供向けTV番組(おかあさんといっしょ、的な)が、コンサートのために長崎に遠征していて、その宿泊先の一室が舞台となっていました。

その一室に、歌のおにいさん・おねえさん、体操のおにいさん、人形を動かす裏方さん、等々が出入りして色んなやり取りをしていく、といった感じでした。
テンポもよくて、笑いも適度にあって、なかなか良かったです。

後半になると、他人を非難したり、隠していた不満をぶっちゃけたり、本音をさらけだしたり、といったこともあったのですが、全体的にライトな感じに仕上がっていました。

よくよく考えてみると、ここ2ヶ月ぐらい芝居を観てなかったんだなぁ。
今後はちょくちょく観に行けるように、頑張ってチケットを取ろう。
チケットが取れたら、お誘いさせてもらう方がいると思いますが、よければご一緒に観劇しましょう。

Google Apps

先日Googleの全貌という本を読んで、無償機能のGmailを使ってみようと思い立ちました。

まずは、自宅PCにあるメール(Outlook Express)を移行できることを条件に調べてみました。

独自ドメインを持っていれば、『Google Apps』というサービスが利用できるようです。
無料で利用可能なStandard Editionでも、メールボックス容量は通常のGmailと同等で、しかもOutlookやOutlook ExpressをGoogle Appsのメールボックスにアップロードする『google-email-uploader 』というツールも提供されていました。

というわけで、Google Appsに自分が持っているドメインを登録しました。
その後、記載されている手順に則り、独自ドメインのメール等がGoogle Appsへ飛んでいくように、DNSの設定を変更しました。

無事にメール等が飛んでくることを確認した後、google-email-uploaderを使って、自宅PCのメールをアップロードしようとしたところ、どうもOutlook Expressのメールを認識してくれませんでした。
仕方がないので、Outlook ExpressのメールをOutlookへインポートしてみると、Outlookのメールは認識してくれたので、それをアップロードしました。

この結果、今後はメールのバックアップ云々も不要になりました。
しかも、ネットさえ繋がっていれば、いつでもどこでもメールが見られます。

ちなみに、、
google-email-uploaderを使って、約6時間かけてメールをアップロードしましたが、メールのフォルダ構成がGoogle上ではラベルというものに置換されて非常に目障りだったので、今後確認が必要なメール数通を残して、アップロードしたメールを削除しました。。


今の時代、ドメインの取得費用を支払うだけで、標準的なサービスは無料かつ無労力で使える時代になったんだなぁと、しみじみ感じました。
ユーザーとしては嬉しいけど、システムエンジニアとしては精進してキャリアを磨き続けないといけないなと感じずにはいられない。。


追伸
50ユーザー分までは無料で作成できるので、僕の持っているドメインのメールアカウントでGmailを使いたい方がいれば、ご連絡下さい。

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!


「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!

どちらかといえば夜型人間で、夜遅くまで起きててもダラダラ無駄な事をしてることが多いので、朝型に変えたいと思っている身として読みました。

・早く起きようが遅く起きようが、起床時はいつでも眠い。
・朝やらないといけないことを敢えて残しておく。(≒夜はさっさと寝られるようにする)
・朝は起床~出社までの有限の時間なので、夜と比べてダラダラと過ごすことはない。
・朝型にすることで、自然と規則正しい生活になる。
・(生活が規則正しくなるので、)夜よりも朝の方が前向きな思考で取り組める。
・自分次第で時間を確保できる朝を活用して、ワークとライフの両方を充実させる。
・朝型にすると、出社時には頭が冴え切っているので、出社直後から仕事をバッチリこなせる。

ということを踏まえ、以下のように実践していきたいと思います。

■時間に関する目標
基本的に、平日は5時に起床する。
休日や前日飲み会等があった場合は、7時に起床する。
仕事は、21時までに終えて退社する。

■起床後の行動
・重要ではないが、緊急なもの【日課】
家事、出勤準備、朝食
・重要だが、緊急ではないもの【自己成長】
(資格取得等の)勉強、フルート

重要なことは、ちゃんと起きられなくても凹まずに、今までよりも早く起きるようになった自分を褒めたりして継続することにあるようです。


チョット前は暖かかったのに、ここ数日寒すぎです。
等々力渓谷には自然があるから付近より若干気温が低めだと思うけど、さすがに氷点下2℃っていう表示は低すぎて嘘っぽい…

等々力渓谷_100213

アバター

先日髪を切りに行った時、美容師さんにアバターの素晴らしさを延々とトークされました。
年末から既に3回観に行ってて近々4回目観に行くとか、とにかく映像が凄かったととか…etc

3Dの規格みたいなのが幾つかあって、一番良いのがIMAXという奴らしいです。
IMAXで放映している映画館が日本には4か所しかなくて、その1か所が川崎(ラゾーナにある109シネマズ。都内にはない)らしいです。

髪を切られている間にそんな話をしていると、最終的に川崎でアバターを観に行く約束をしてしまいました。。

というわけで、川崎の偵察ついでに、メガネonメガネを体験してきました。
メガネonメガネは、思ってたよりは違和感が無かったです。

動物に追われるシーンや戦闘シーンは、3Dの良さが出ていたと思います。
ただねぇ、ストーリーに意外性があるわけでもなかったし、リアルな世界じゃなくてCGの世界を3Dにしてるという感じなので、やはりCGの作りもんだよなぁと感じてしまいました。

何よりも約3時間という長丁場なんで、途中からトイレに行きてぇってことで頭がいっぱいになっちゃいました。
メチャ寒かったし、朝から何も食べてなくて映画館で何か食べようかと思ったけど大して何もなかったので、生ビールを頼んで飲んでしまったことが原因なんやろけど。。

平日やから人少ないかなと思ったけど、映画館には意外にたくさん人がいました。
川崎駅がターミナル駅で、直ぐ近くにショッピングセンター的なものがたくさんあるから、駅周辺の人込みは常時凄いですね。
ここに通勤することになるのは、チョットしんどいかもと思ってしまいました。

キューブ川崎_100212_1

キューブ川崎_100212_2

頂きはどこにある?


頂きはどこにある?

松井秀喜のような精神を持って行動を起こせば、成功するってことですね。

山に居る時には感謝と謙虚、谷に居る時は真実を見つめて未来像を描いて、それに向けて行動するのみ。

Googleの全貌


Googleの全貌

一身独立して、一国独立す。

Googleに対して、この言葉が浮かびました。

誰かに管理されることなく、エンジニア気質を発揮して、自らのアイデアを出したり、それを実現するための能力(技術的なものだけではなく)を思う存分発揮する。
自由で楽しい職場だけど、そういうエンジニア集団で認められる存在にならないとリストラされちゃう厳しいところ。

顧客からお金を取らない(取ったとしても、非常に少額)から、顧客と自社の利益が相反しないので、僕らが顧客志向云々なんて言っても、Google以上に顧客志向になるのも難しい。
そんなこともあって、少々法的に問題あることも、まずはやってみるんだよね。

自分もシステム屋なので、Googleとはチョット競合関係にはあるのだけど、自分の日々の仕事が改善だとしたら、Googleがやってることは革命・変革ですね。。
いつになるかは分からんけど、今自分が儲けている仕組みは、Googleに駆逐されることは想像に難くないです。

Googleに負けないように、Googleよりも顧客に必要とされるサービスを、という気概は大切だけど、冷静に判断して、Googleのスピードと提供されるサービスのレベルに勝つのは難しい。
将来的には、Googleなんかが提供するサービスを上手く活かすようなシステムを開発することは普通になっていくのかもしれない。

基本的に検索ぐらいしか使っていないけど、僕にとって活用できそうなGoogleのサービス、使ってみようと思う。
手始めに、バックアップとかが面倒なんで、PCにあるメールを全てG-Mailに移行することにします。

意外と降りましたね。

何年かに1度、生活に支障が無い程度に、これからも降って下さい。

雪_100201
プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1320位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。