スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛深い家系に生まれました。

生えるべき所に生えている毛が濃いのは問題ないのですが…。

三十路を越えてから肩や首下の背中辺りに、チョロチョロと長い毛が生えるようになりました。
しかも、ちょっとずつ本数が増えてきてる気がする…。。

そんな毛が首袖から見えるのが何か嫌だなぁと思って、たまに髭剃りついでに一緒に剃っています。

歳を取るごとに男性ホルモンが強くなっているからだと思ってるのですが、お年寄りで耳毛がたくさん生えてる人って、昔居たじゃないですか?
老いたことでDNAのコピーが劣化して、本来毛が生える必要のないところに毛が生えたのかな、なんてことも思ったりします。

ま、献血に行くと血管&血液はずっと大絶賛されているので、おそらく体の内部はまだ老いてはいないはず。
ここで絶賛されなくなったら、素直に老いを認めなきゃいかんかな。。
スポンサーサイト

ナンパを科学する


ナンパを科学する

日経で紹介されていたので、図書館に貸出し予約していたところ、およそ半年かかって手元に来ました。

ナンパやレイプ等の望んでいない性的な接触を受けやすい女性、またそのような行為をする男性の特徴・性格を調べることを出発点として、真面目に実験と考察をしていました。

文化的な要因もあるけど、基本的には遺伝的な要因が大きいんですね。

遺伝やホルモンの影響で性的行為に及ぶというのは、理屈としては良く分かります。
ただ、そういう理屈を受け入れてしまう僕は、性的行為に冷めた思いというか、チョットした嫌悪感すら持ってしまうのです。
愛だの恋だの言ったってさ、人間の性行動なんて他の動物と変わらないわけだからね。。

少子高齢化を防ぐためにも、ボクのような対人コミュニケーション能力の低い人間のための繁殖戦略(婚活)方法を是非とも研究テーマとして取り組んで欲しいと思います。

目黒の社寺

職場がいつまでも目黒であり続けるわけでもなさそうなので、ふらっと散策してみました。

大鳥神社_100124

蟠龍寺_100124

海福寺_100124

五百羅漢寺_100124

目黒不動_100124

のだめカンタービレ 最終楽章 前編

両親が初孫を見に上京するということで、有休を取って東京駅に迎えに行きました。
その後中央線に乗り換え、兄夫婦宅に正午頃着きました。

おじさんとして、甥っ子を抱っこさせてもらったけど、首が座ってなかったので、メチャ怖かったです。
兄嫁と兄嫁のオカン、そして両親とボクの5人で談笑した後、13:30頃退散しました。

兄貴に子供が出来たのに、兄貴が有休取らずに、なんでオレが有休取って両親の対応してるん?という気持ちがありつつ、いい加減親が上京した時に、兄貴も色々と親孝行してあげろよと言いたいわけです。

親を大事にせん奴が、自分の子供に大事にされるわけがないぜよ!

話が逸れましたが、両親はその後修善寺温泉へ向かいました。
色々と希望を出されて、紆余曲折あって、修善寺温泉の旅館の手配をさせられてました。。


というわけで、夕方以降暇ができたので、映画を観てきました。

内容としては、テレビでもいいんじゃないかと思いつつ、映画館でのサウンドはとても素晴らしくて、オーケストラの演奏はとても良かったと思います。

今年は、生オーケストラ観賞しに行ってみようかな。

ボロ市

12月と1月の15・16日に行われる、ボロ市に行ってきました。

世田谷線に初めて乗りました。
専用軌道であるものの、大通りと交差しているところには踏切が無く、電車も赤信号で停止していました。
速度も路面電車並みで、東京に大井町線より遅い路線があったんだなぁ。
世田谷線_100116

ボロ市の雰囲気は、フリーマーケットを大きくした感じでした。
東京で遊ぶとなると何かとお金がかかることが多いですが、数百円程度で細々とした物や飲食類を購入できるので、不況にマッチした催しだと思いました。

とても寒かったので、温かい食べ物をいくつか買いました。
ボロ市饅頭、一口ロースカツ、今川焼(キャラメル)、ホットコーヒー、全部100円でした。
ボロ市饅頭は、「ボロ市」と名を打っていたので購入しましたが、あまりお勧めしません。
ボロ市_100116

ボロ市会場の近くに住む、まつなーさんにはボロ市に向かうと連絡していたのですが、特に待ち合わせはしていませんでした。
でも、ボロ市会場を歩いていると、バッタリ出会うことができました。
まつなーさんの勘は、凄いなぁと思いました。

この後、まつなーさんに先導してもらって、ボロ市会場の隣駅にある、松陰神社まで歩いて行きました。
幕末好きがそそられちゃう、あの吉田松陰が祀られている神社です。
松陰神社_100116

松陰神社へ行ってみると、何と17時に閉門ということで、お参りできませんでした。。
朝7時開門は早すぎるから、全体的に門を開けている時間を2時間ほど後ろにずらして欲しいと思いました。

今回は夕方頃にボロ市に行ってしまったので、来年は昼頃に行って、松陰神社に参れるようにしたいと思います。
来年の1月15・16日は、丁度土日みたいなので。

チケット

東京ドームのようなキャパでも、ミスチルのライブチケットが入手できなくなってきているのと同じように、お芝居等のチケットもここ最近入手できないことが多くなってきています。
(そんなわけで、チケットの抽選申込み結果が分かる前に、誰かを誘うことが減ってます)

今の時代、ネットからチケットを購入するわけですが、利用者が増えてきたのでしょうか。
それとも、転売目的の輩が暗躍してるのでしょうか。

今後は、休日じゃなくて平日夜を狙って抽選申込みしようと思ったりするけど、そうなると一緒に観に行く人を見つけるのがチョット大変だったりするんだよな。
(もちろん、おひとりさまで行くのもアリなんですけど…)
しかも、最近平日夜で申込んでも、チケット入手できなかったしね。。

おじさんになりました

等々力渓谷にある温度計が、氷点下になってました。
あの一帯は自然が残ってて、周辺より寒いからだと思いたい…。

朝出社しようとすると、電話がかかってきました。
予定日より早く、清原兄嫁が無事に男の子を出産したとのことです。

とうとう、おじさんになってしまいました。

ちなみに、出産祝いってどのくらい包めばいいんでしょ?
兄弟だから、3万or5万ぐらいかな!?

たんけんぼくのまち

たっちゃんから誕生日にもらったDVDを観ました。

第1回放送と、ちょうど僕が小3だった85年度の放送3本の計4本が入っていました。


大みそか、実家でたまたま
『ETV50もう一度見たい教育テレビ フィナーレ』
というテレビ番組を見ていました。
そこで見事1位を獲得した、たんけんぼくのまち。

その中でチョーさんが言っていたのですが、、第1回放送ってNHKに保存されていないんだそうです。
どこかの誰かが、まだビデオもそんな普及していない時代に、教育テレビを録画してたんですねぇ。
そういうこともあって、第1回放送は映像が粗いです。。

久しぶりに「たんけんぼくのまち」を見てたら、何だか涙が出そうになりました。
でも、DVDなんだから、もっと収録できるじゃ~ん!と同時に思いました。

今後、新たにリリースされることを希望します。


特典映像で、チョーさんが住み込みで働いていた、諏訪のおじさんのお宅を訪ねていました。
おじさんもおばさんも、ご健在だったんですね。
なんか、気分がほっこりしました。

NHKは視聴率なぞ気にせず、こんな思い出に残るような番組作りをお願いしたいものです。

Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best


Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LOVE


Noriyuki Makihara 20th Anniversary Best LIFE

マッキーの歌詞は、とても写実的(特に、Best LOVEに入っているような曲に関しては)。
現代の正岡子規といったところでしょうか。

曲を聴きながら、歌の情景を右脳で思い浮かべつつ、かつ若かりし頃に聴いていた自分自身も思い出す。

一番最初にマッキーをテレビで見たときの衝撃は、今も忘れないよw
これからも、素敵な曲を作り続けてくれることを期待しています。

わが国金融機関への期待


わが国金融機関への期待

世田谷区では購入してくれなかったみたいで、港区の図書館から借り受けたみたいです。

障害等でシステムが停止することが許されない日本の金融機関。
その割には、口座管理等の手数料を取られることもなく、タダで受けられるサービスであると思っている一般国民。

銀行は利益を求める営利企業なので、本来利益を生むことのないものに対して、コストをかけるべきではない。
電力やガスも営利企業であるが、これらは独占的にサービスを提供することが基本的に保証されており、公的サービスとみなした方が良い。

銀行は、自らがターゲットにする顧客に対して、最適と思われるサービスを実現するために、システムを構築すべきである。
現状のような各社が同じようなサービスを同じ品質で提供することはない。

本来、銀行にとってのシステム開発は、新しい金融商品等のための投資であるはずなのに、既存のシステムを絶対に停止してはいけないという呪縛のもと、莫大なコストと見られてしまっている。

年に何日か計画停止するし、障害も年に何日か発生するかもしれないけど、それに対応するための費用を預金金利に回します、っていう銀行が出てくれば、そこに口座作るのにね。


こういう話は、日本国政府の歳入・歳出の話と同じ構造です。

バブル崩壊以降、歳出を満たすだけの歳入が無いから、国債で借金をして穴埋めしている。
しかも、民主党政権・少子高齢化・不況の影響で、社会保障を中心に歳出が増大している。

多少景気が回復しても、現状の税制では歳出をまかなうだけの歳入は無理なわけで、国民が子ども手当とか高齢者医療自己負担費軽減を求めるのなら、それに見合う歳入を国民全体(消費税が一番妥当)で負担せねばならない。

そういう一見ネガティブな話のようであるが、持続可能な仕組みを作り上げる冷静で前向きな議論が出て来て欲しいし、そういうことをチャンと論じる政党に政権を取って欲しいと国民が考える日が来るのやら…。。

東京大神宮

結婚情報サービス会社に話を聞きに行った後、婚活の聖地である東京大神宮に行ってみました。

サクッと参拝して帰ろうと思ったのですが、何と参拝に長蛇の列ができていました。
神社が狭いということもありますが、境内に入るのに3~40分ほどかかりました。

東京大神宮_100109

女性の縁結びの神様が祀られてるんでしょうか、女性グループ又はカップルで来ている人がほとんどでした。
(写真の真ん中に写ってる男性は、ヤロー3人で来てるようでしたが…)

これだけの女性が集まってるなら、それに対応する男性を集めて婚活サービスを展開すれば、ここの神社は相当儲かるだろうに、なんて邪なことを思ってしまいました。


僕自身、今後どのような活動をするのか決めていません。
何か始めてもブログには書かないと思いますし、大勢の前で話すことはないと思いますので、突っ込まないで下さい。
ただ、サシで飲むような時には、ネタがあればお話させていただきます。


この後、小輔君を誘って、乗換駅の大岡山で下車して、王将へ行きました。
小輔君が来るまでの間、東工大のキャンパスを散策していたのですが、理工専門の大学なのに、結構可愛い子が歩いていました。
さすが、東京の大学は違うなぁと思いました。

王将で晩飯を食った後、途中自由が丘でお茶しつつ、大岡山~等々力を徒歩で帰宅しました。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

今週に上映が終了するようだったので、仕事を早々に切り上げて、渋谷へ向かいました。

10年前ぐらいに観てたら、もっといい感じに感情移入できていたかもしれない。。
WL時代は、よく徹夜してたもんなぁ~。
確かに超しんどかった時もあるけど、職場は和気藹藹としてたし、それなりに頑張る気もあったから、嫌じゃなかったかな。

何も知らないにもかかわらず、最初から色々と経験させてもらったわけで、新卒が成長するためには良かったのかも。
でも、いつまでも火の噴いたプロジェクトをたらい回しにされても、本質的に火を噴かないように上手くプロジェクトをこなすための様々な能力は身に付かないわけで…。


恫喝すれば皆が奴隷のように働くと思ってる奴、実際に居るよなぁ、鬼っちとか痛乙社長とか…。
ブラック度でいえば、WLよりも痛乙の方が絶対に酷かったしな。
偽装請負だし、残業代無しだし、仕事で使ったタクシー代とか領収証だけ取られたりしてたし。。


映画と現実で、いくつか相違がありました。

まず、映画ではプログラマがやたらとキーボートを打ちまくってました。
今の時代、全く何も無い状態からプログラムを作成するわけでなく、ライブラリやクラス・フレームワーク等々、土台となるプラットフォームがあるわけです。
つまり、それらを活用してアプリケーションの設計・構造を考えることが大半で、プログラミングそのものの割合は相当低いです。

あと、デスマーチの話が出てきて、無茶な納期で何と頑張ってプロジェクトを終わらせる姿が描かれていました。
納期を終えたら無事に1つのプロジェクトが終わっていっていたので、これは本当の意味でのデスマーチではないと思います。
納期に何とか間に合わせたけど、顧客から仕様変更依頼や思っていたものとは違う等のクレームが着たり、バグが収束しない等、延々とプロジェクトが終わらずに、ゴールが見えない状態で頑張り続けなきゃいけないのが、デスマーチだと思います。


映画館のあるPARCOを含め、平日夜にもかかわらず、そこそこの数のOLさん達がウィンドウショッピングを楽しんでいました。
平日夜に映画を観ることができて、仕事以外の行動を取ったことにチョットした幸せを感じましたが、OLさんはアフターファイブを毎夜満喫してるのですね。。

チケット購入後、上映まで少し時間があったので、日高屋で晩飯を食べました。
最近はアチコチにあるチェーン店なのですが、生まれて初めて入りました。
W餃子定食(\590)、量的にはコストパフォーマンスに優れていると思いました。
でも、やっぱ王将の餃子を食いてぇ~と思いました。

関西ローカル番組

年末年始に帰省した際、深夜の時間帯にを見ていました。

東京では放送されていない番組があって、何だか新鮮でした。

たまたま見ていたのは、
・ロケみつ
・ごぶごぶ
という番組だったのですが、基本的なコンセプトは似通っていました。

スタッフ数人で、ちょっとした旅の要素があるロケ撮り。
きっと、地方局はお金がないから、これが一番お金のかからない番組制作方法なのでしょう。

偶発的な要因(サイコロ等)で、向う場所や使えるお金が決まってしまって、こういう点が視聴者の心を掴むのかもしれないんかな!?


ふと思ったのですが、こういう番組のコンセプトって、大泉洋が北海道でやってた番組をパクってるよね?
大泉洋の番組自体は、テレビ神奈川なんかでたま~にチラッと見ることがあるので、そんな気がしました。

2010年 漢字占い

2010年版 今年の漢字占い

試しにやってみました。

----------------------------------------------------------------
2010年のきみを表す漢字は 『和』

優しい気持ちがあふれてきて、「人のために」って動くことが多くなりそう。
2010年は、みんなとの調和を大切にできる一年だよ。
お友達や恋人とも、とっても仲良く過ごせるはず!
ほんわかラブラブ。幸せだよね。
あ、そうそう、ひとつだけ。優柔不断になりがちだから、大きな決断のときは、
一番信用できる人に相談してみてね。
じっくり話を聞いてもらえば、きっと心が落ち着くよ。
----------------------------------------------------------------

今年は婚活にふさわしいような表現やけど、きっと良いことしか書かれてないんだね…

2010年の始まり

明けましておめでとうございます。

年末年始は、いつも通り実家に居りました。


帰省の際には、高校時代の同級生2人と大体会ってるのですが、今回はプラス2人と超久しぶりに会いました。

文理で分けると、理系クラス4名と文系クラスが1名という構成で、
住まいで分けると、姫路3名と大阪・東京各1名という構成でした。

みんな15年前と雰囲気はあんまし変わってない気がしたけど、姫路組の3人は家庭を持ってるわけで、時の流れを感じました

高校の同級生_100103


ベタに地元や自宅近くの神社やお寺へも行きました。

司馬遼太郎が、播磨灘物語の舞台である英賀神社に文学碑を建立しているとは知りませんでした。
自治会長をしているオトン曰く、英賀神社の宮司さんが超地元の神社一体も担当しているそうで、宮司さんと仲睦まじく話してました。

播磨灘物語も、いつか読まんとな…

英賀神社_100103

円教寺_100103

等々力不動尊_100103


この年末年始、結婚・婚活ネタが色んな人から話題にされました。

おみくじは大吉だったし、上京時の新幹線から今までで一番クッキリと富士山を見られたし(車掌が見てくれとアナウンスするほど)、等々力渓谷で仲良くつがいで水辺に浮かぶカモを見たし、幸先の縁起は良いようなので、まぁ色々と挑戦していこうと思っていることの一環として婚活もやろうと思います。
でも、期待はしないで下さいね
プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6638位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1263位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。