スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あずきミュージアム

あずきミュージアム

めちゃショボそうなので、夏に帰省した際、太陽公園とともに是非行ってみたいと思います。

おばじゅん先生、よろしく!
スポンサーサイト

吉本新喜劇50周年ツアー ~笑ってコケて50年、未来へ向かってドタバタ行こう~

東京厚生年金会館に着くと、会場スタッフ全員がマスクをしてました。
新型インフルエンザに対するリスク対策とはいえ、異様でした。

座席はソコソコ前の方で、なかなかイイ感じ。

最初の1時間は、以下の人達がネタを披露しました。
・フルーツポンチ
・エド・はるみ
・はんにゃ
・麒麟

全員名前は知ってるものの、最近のお笑い番組をほとんど見ていないので、麒麟以外のネタを初めて見ました。
一番安定して程々に笑えたのは、フルーツポンチでしょうか。
一番キャーキャー言われてたのは、はんにゃでした。
笑いも取っていたのですが、無意味にオーバーに動いてるだけで何が面白いんだろうか?って感じでした。
大量生産・大量消費・大量廃棄の、今のお笑いには全く付いていけてません。。

その後、休憩をはさんで1時間半ほど新喜劇となりました。
ソコソコ笑わせてもらった、って感じですかね。
今田耕司が全体的な突っ込みの立場だったのですが、チョット弱かったな。
やはり、臨機応変に見事に突っ込みを入れてくれる、辻本の存在は絶大です。


鑑賞後、Jさんとじっくりとトークできて良かったです。
Jさんの今後の行動力に期待したいと思います。

鼻血?

数日前から、うがいをしたり鼻をかんだりすると、血が混じるようになりました。

鼻がつまったり鼻血が出てくるという自覚症状が無いので、そのうち血なんて出なくなるだろうと静観していたものの、ずっと血が出続けています。
しかも、朝起きた時に顔を洗ってうがいをすると、血の塊が出てきます。

チョット怖くなってきたので、職場近くの耳鼻科に行って来ました。
洗浄したりするために、鼻の穴に管を入れられて何かしらを色々と注入されました。
最後には内視鏡も入れられて、写真も撮られました。

鼻の穴の内部を初めて見たけど、鼻毛ってあまり奥のほうまで生えてないんですね。

最終的に、出血場所を特定できませんでした。。
色々と鼻の穴に突っ込まれるのは初めての経験やったので、診察後は鼻に凄い違和感があって気持ち悪かったです。

週明けになっても血が出続けたら、もう一度診察してもらおう。

新型インフルエンザ

地元は、ぷちパニックのようです。。

ふるさと納税でもしてあげようかな。

USBラジオ

先日、ヤマダ電機で購入しました。
年末帰省した際にポイントがたまっていたので、それで。

USBラジオ_090517

窓の真ん中に持っていくと、FMはそれなりの音質で聴けます。
窓からPCに配線しているので、チョット部屋の雰囲気が悪くなったけど、ガマンガマン。

これで、「あ、安部礼司」を録音できるようになったものの、付属のソフトがかな~り貧弱です。

録音の際は、
・PCを起動して(コレは当然として)、ログイン後にソフトを起動しておかなければいけない。
 (タスクスケジューラで設定しても、起動してくれなかった・・・)
・ディスプレイの電源も落としてはいけない。

やたらとソフトが異常終了しちゃうので、基本的にはラジオをリアルタイムで聴く状態にしておかないと、タイマー録音できなさそうです。。

Mr.Children Toue 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~

上野から九段下へ移動。

日本武道館_090514

なぜか、開場が20分以上遅れてました。

席は、桜井さんから見て左やや斜め後ろの2階。

そのため、音の伝わり方がイマイチで、桜井さんのMCの声が聞こえづらかったり。
あと、ライブを前方から見られない位置の人達のために、目前にライブ映像を流してくれるモニターがあったけど、それが上半分のみで映像を流してて、ものすげぇ意味ない感じ。。
(もしかして、このモニターを修正するために開場が遅れたのか?)

でも、JENさんのドラムさばきはよく見えたし、ライブは最高だったので良しとしよう。

前半は、比較的しっとり聴かせる曲を中心に、後半は盛り上がる曲を中心に、という構成でした。
いつものように、イノセント・ワールドで最高潮の盛り上がり。

今年は、ミスチル結成20周年(順次、みな40歳になるんだね・・・)ってことで、デビュー当時に雑誌に掲載されたミスチルの写真が公開されました。
ホント、時代の流れを感じるくらい、ダサかった~。
でも、その当時の一曲である「車の中でかくれてキスをしよう」を歌ってくれたけど、ミスチルの歌は、いつまでも色褪せない。

時を経ても朽ちることがないところは、阿修羅像と似ているかもしれません。
システム開発なんて、せいぜい5年10年で消えていくわけで、自分の仕事の刹那感をついつい感じてしまいます。

ライブを通して、穏やかというか優しいというか、そんな気持ちになったので、「やさしいうた」を歌ってくれないかなぁと思ってたら、最後の最後で歌ってくれたので、嬉しかったです。

国宝 阿修羅展

午後半休を取って、観に行ってきました。

国宝阿修羅展_090514

国立博物館に着いて、入場までに約1時間並びました。
ま、予想の範囲内です。

国宝阿修羅展入場待ち_090514

敬虔な仏教徒の家庭で育ちましたが、阿修羅という言葉を知ったのは、キン肉マンです。
確か、悪い方の超人キャラだったよな。。
仏を守ってくれる神なのに、何でも許される日本ってイイよねぇ。


日頃仏像に興味のある人って、そんなに居ないと思うし、阿修羅云々なんて世間が騒いでいますが、こんなに盛況なのは、確実にマスコミの影響ですね。

美術品・文化財という視点だけではなくて、仏教の教えと言わないまでも、1,000年以上の間神仏として存在しているわけなので、もう少し謙虚な気持ちで皆見られればいいんじゃないかと思いました。
オバチャンどもは平気で割り込んで来るし、阿修羅像なんて間近で見てる人がなかなか動かないんだよね。
同じように展示物を見たい人がいるわけだから、もっと他人のことを考えろって、阿修羅さんも憂いの顔をしてた。

あたらしい戦略の教科書

久しぶりに図書館で借りた本を読みました。

小難しいことは書かれておらず、サクッと読めました。

戦略とは、現在地と目的地を結ぶルートのこと。
1.「現在地」を明らかにする。
2.「目的地」を明らかにする。
3.現在地と目的地を「結びつける方法(=戦略)」を考える。

1と2が明らかにならないと、3を考えることはできない。
1は時間とともに変化したり、目的地がより鮮明になっていく。
2は1に依存した「不確定な未来」である。

カーナビで現在地から目的地までのルートを引くのが、戦略のイメージに近いみたいです。
所詮、現状把握も未来予測も完全には不可能なので、できうる範囲で情報収集&分析をしたのちは、実行する決断力が必要のようです。
実際、カーナビもそうやってますしね。

今の時代、現場からのボトムアップによる戦略が重要とのことなので、皆と危機感を共有しながら、新たなアイデアを生み出していきたいです。

男×女 ~otoko×onna~

安部礼司の出演者のお芝居を観られるということで、下北に行って来ました。

※本名というか芸名というか、そっちの名前より「あ、安部礼司」内での役名の方が有名なので、
 以下では役名で呼ぶことにします。

刈谷勇と優ちゃん・サトミちゃん・かなぽんのそれぞれで、3本の男女間のショートストーリーが繰り広げられました。
時間が短いということもあり少々強引な内容ではありましたが、安部礼司ファンにとっては、かなり楽しめる内容だったと思います。


結構間近で、姿を拝見することができました。
正直、善光寺の前立本尊を見たときより嬉しかったです。

ラヂオではメタボ云々と言ってますが、本物の刈谷勇はスラッと背が高くて、かなりのイケメンでした。
安部礼司も、本物は背が高くて格好良いんだよなぁ~。

3人の女性については、安部礼司の中での役のイメージとは、当たらずとも遠からずって感じでした。
個人的な好みでいうと、総合的な判断では、一番はかなぽんだな。
膝枕してもらいながら、あの声で癒されたいです。


満足して帰宅した後、風邪を引いてしまって、寝込んでしまいました。。。
イケてる若者たちが集う下北に対して、免疫が無かったのかもしれません。
それとも、井の頭線の満員電車で、やたらと若い女性に囲まれたことが原因かな!?

「派生開発」を成功させるプロセス改善の技術と極意

前回に引き続き、読み終えるのに結構時間がかかりました。
だいたい、1.5ヶ月ぐらいでしょうか。

相変わらず冗長で、何度も同じことを書いています。

社会人になって前半の頃は、所謂SIerの立場で仕事していたし、オープン化の波に乗って、ほぼ新規システム開発のみに関わってきました。
でも、今の会社に入ってからは、自社業務のために新規システムを開発した後、所謂「派生開発」を行っています。

こういう現状もあって、色々と参考になるかと思って、読みました。

派生開発とは、システム稼動後の変更や新規機能追加等に関する開発のことで、一般的に言うと、「保守」という言葉が近いと思います。


XDDPプロセスでは、以下の成果物を作成することになります。
また、以下の文書がレビュー等で承認された後に、実際にソースコードを変更します。
※改修作業の工数見積もりを元に、できるだけギリギリまでソースコードを変更しない。

1.要求仕様書【WHAT】
 前回の通り
2.トレーサビリティマトリクス(TM)【WHERE】
 それぞれの(変更)仕様によって、どのソースファイル(モジュール・関数)を改修する必要がある
 のか、それぞれを縦軸・横軸にして関連を網羅する。
 機能とテーブルの関連を網羅するCRUD図のようなイメージ。
3.変更設計書【HOW】
 ソースファイル(モジュール・関数)に対する変更内容を記述する。

どこの開発現場でも、おそらく変更設計書に関しては文書として作成していると思います。
(チャンとした資料を作成しているかどうかは、別として)
でも、TMのようなモノを作成している現場は、少ないのではないでしょうか。

僕は、要求仕様書を作成する立場だけど、基本的にソースコードを見る立場ではないので、アプリ開発者にTMを導入するように話をしてみようと思います。
あと、ソースコードに手を入れるのは、最後の最後にすることも話してみよう。

シティボーイズミックス PRESENTS 「そこで黄金のキッス」

GW恒例のシティボーイズ。
多分今年で7回目ぐらいかな、観に行くのは・・・。

今回は、いつもの天王洲にある銀河劇場ではなく、新宿(初台)にある新国立劇場。

いつもの劇場より広いからなのか、チョイチョイ声が聞き取りにくかったです。

でも、今回は非常にイイ感じに全体的にまとまったコント達だったと思います。
程よいブラックなネタは、いかにもシティボーイズらしくて、笑えました。
しかも、程よくゆる~い感じがあるし、きたろうのグダグダ感は憎めません。


不況を吹っ飛ばすためにも、職場で共産主義ごっこ、やりたいです。

牛に引かれて善光寺参り 3日目

韮崎にある、空さんの実家で一泊させてもらいました。

善光寺繋がりということで、東京に戻る前に、御開帳中の甲斐善光寺に向かいました。

甲斐善光寺_090504

善光寺の前立本尊より、甲府の御本尊の方が大きかったです。
ま、フリーザの最終形態もシンプルに研ぎ澄まされたものになっていたし、本物に近いほど見た目は凄くないものなのだと思います。

ここにも、お戒壇めぐりがありました。
僕のすぐ後ろには可愛い女性が並んでいて、暗闇の中でその女性と何度も手とか触れたりしながら、楽しいひと時を過ごしました。


善光寺参りの御利益を得られるよう、勉強と婚活を頑張ります。
婚活は、頑張り方が分らんけど・・・

次回以降の御開帳の際には、他の善光寺にも行きたいと思います。
その時には、もちろん各自女性を連れて来て・・・


最後になりますが、空さんには延々とドライブしていただき、ありがとうございました。

牛に引かれて善光寺参り 2日目

旅館を出発して、別所温泉にあるお寺を回りました。

・北向観音(裏善光寺)
北向観音_090503

・安楽寺
安楽寺八角三重塔_090503

・常楽寺
常楽寺石造多宝塔_090503


善光寺で未来往生を祈願し、北向観音で現世利益を祈願しなければ、「片詣り」になるそうです。
チャンと両方に参ったので、御利益はあるはずです。


一通りお寺をめぐった後、上田城跡公園に向かいました。
個人的に少し期待を持っていたのですが、普通にイイ感じの公園なだけでした。

徳川を撃退した上田合戦等の説明で、展示物には「大活躍」という言葉だけで終わっていました。
具体的にどういうことをして撃退したのか、この点を一番知りたいところだと思うので、展示内容をもう少し考えてほしいと思います。

牛に引かれて善光寺参り 1日目

7年に1度の御開帳です。

プチ仏像オタクとしては、是非とも行かねばということで、空さんにを出してもらいました。

朝3時に家に迎えに来てもらって、渋滞に巻き込まれることもなく、8時頃長野に到着。
まだ8時だというのに、ソコソコ人で込んでいました。
ま、真昼間に来ていたら炎天下の中で、もっと長い行列に並ばなければならなかったので、朝早くに行ったのは正解でした。

善光寺_090502


御開帳というと御本尊を拝むことができそうに思えるのですが、御本尊は秘仏のため、決して見ることはできません。
じゃ、7年に1度何を見せているのかというと、御本尊のレプリカ、ではなくて化身である「前立本尊」を御開帳しているのです。

前立本尊、結構小さい阿弥陀三尊像でした。
しかも、遠くからしか見られないので、輪郭とかチャンと見えませんでした。
こういうぼかした感じにしておくことが、雲の上の存在的なものを醸し出しているのかもしれません。

仏像を見た後、お戒壇めぐりをしました。
真っ暗な回廊をめぐって、「極楽の錠前」に触れると御利益があるというものです。
彼女と一緒に行って、暗闇の中で手を触れ合いながら進んでいくと、極楽だと思いました。

その後、飯を食って、ダライラマから寄贈された仏像を見たり、善光寺全体を散策しました。

森永から善光寺に寄贈された牛_090502

善光寺を一通り堪能した後は、近くにある古い屋敷を軽く見せてもらってから、川中島古戦場に向かいました。
普通に、イイ感じに整備された公園でした。

信玄と謙信_090502

これにて長野を離れて、宿泊先の旅館がある、上田の別所温泉に向かいました。

外湯は、現地の人たちが世話しなく出入りするので、温泉を堪能できませんでしたが、旅館の中にある浴場は、人も少なくてのんびりと満喫できました。
プロフィール

あんま覚えてへんわ


「あんま覚えてへんわ」です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

openclose

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索

アクセス数
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
649位
アクセスランキングを見る>>

天気予報
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。